FC2ブログ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
続・ワイド画面
妙に苦戦してるワイド画面化。
3D表示部分は表示領域を広げれば解決しそうだけど、
本来見えてはいえない部分が見える可能性もある為、
横に広げる事は出来ないので上下を削る形となる。

ここら辺は成人向けの悲しい宿命なのだが、
そうでなくても元々作ってない画面外の部分は、
見えるとロクな事が無いので仕方ないだろう。

問題は、3D以外の2D部分。
これは元々の画像が、想定しているサイズから縮尺して引き伸ばすしかないため、
どうしても左右に伸びてしまう。
本来、左右に引き伸ばして表示されるのを改善するためにワイド画面化するのだが、
ワイド画面化する為に左右に引き伸ばして表示するのは本末転倒な気配もするが?

もっとも、スプライトの回転と縮尺は、
スケールのサイズ変更後に回転処理が加えられる為、
元画像のXY尺度が、必ずしも画面のアスペクト比と一致する訳ではなく、
場合によっては不自然に歪んでしまう。

多少見栄えが悪化するなら我慢する選択肢もあるが、
2Dスプライト関係はメニューの項目などに多く使われている為、
画面上の表示位置と、実際の判定形状が大きくズレるのは問題がある。

一旦裏画面に転写した後に、アスペクト比にあわせて再度
描画画面に表示する手段もあるが、手間と負荷と効果とを考えると
正直ソコまでしなければならない事なのか躊躇してしまう。

PIC-2008_9_27-23_39_24.jpg
・上下左右の縮尺比率が歪む例
縮尺を変更した後に回転している為、このようになる。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/959-52d4dd76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集