カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
思考
今回の作品コンセプトは「考える彼女」です。
主人公が操作出来る作品は過去にもありましたが、
それに加えて女の子自身が動く所に重点を置いています。

メニュー(もしくはソレに類する何か)をクリックして
操作に応じたアニメーションが再生される仕組みでは、
一巡反応を知ってしまうと物足りなく成ってしまいます。

しかし、まったく予測出来ない、ランダム的な反応を返されても
思い通りに進行しない事にストレスを感じてしまうだけです。

ゲームシステムとしては、格闘ゲームをモデルに検証を行っています。
(ゲームジャンルが格闘ゲームっと言う訳では有りません)
ボタンを押して、ボタンに対応したパンチやキックのアニメーションが再生される点では
前述のシステムと同様です。
しかし、相手のキャラクターも動きますし、自身も移動や前後のアクションとの連携
がある為に、結果は単純な物ではなくなります。
結果に関しては期待した結果と異なる場合も有りますが、
ランダムな結果ではなく、ルールに基づいて処理され、何故この結果になったのかが
明確に理解できる物である事が重要なポイントです。
次はこうすればコウなるだろうと言う予測が成り立ちます。
AIが考えている事を実感するには、
人間側も考える様な状況に引っ張り込むのが有効な手段です。

残念ながらモニターから美少女が飛び出すシステムは難しいので
モニターの中に(気持ちだけでも)プレイヤーを引きずり込んで
仮想の空間で女の子の気持ちを表現できればと考えています。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/920-d62e7668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集