カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
・内部告発により明らかに成ったVLSの問題点
eモーションが発表したバリアブルロリコンスライダー(VLS)に関して
気に成る情報が飛び込んできた。
プレスリリースによればVSLは可逆変形を実現したと報じているが、
コレには幾つかの疑問があると言うのだ。

モデルを変形して表示すること自体は珍しい技術ではない。
だがボーン変形やモーフィングなどのモデルの変形は、通常非可逆で行われる。
元データーを別に持つとすれば、内部的には相当な負荷が掛かっている筈であり、
若しくは可逆変換しているとしても変形機構に相当の無理があり、
MS時の性能と変形後の性能の両立は不可能で有る。
つまり何らかの欠陥を抱えている可能性が高い。

現に編集部に持ち込まれた資料の写真では派手にモデルが破損している事が確認できる。
同研究所は過去にも、オッパイカスタムやポーズエディタで同様の事故を起こしており
今回のVLSでも問題を解決出来ていない可能性は高い。
つまりコレは実戦配備に向けた量産が考えられる段階のモノではなく、
デモ用の実験機で一点モノだと言う事だ。

失敗のリスクを抱えながらも未完成の兵器の演習をこの時期に行った意図としては
技術力アピールを行い周辺国への牽制が狙いであると思われる。
近年、カスタム少女やラブです2などで身長可変兵器の脅威が高まった事に対して
同国の焦りが色濃く滲んだ結果と言えるだろう。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/916-96cdac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集