カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
■胸揺れの追及
もっとリアルな胸の変形を行いたいとか、
胸の動きに対して乳首を上に向けたい、といった場合に
手段としては以下の様な方式が考えられます。
 ・逆パラメーター
 ・逆ボーン
 ・逆重力
 ・親子関係を捨てる
 ・ターゲットボーン
 ・モーフィング変形
これらに付いて個別に説明したいと思います。


・逆パラメーター
胸の揺れは大きくは、(1)動作に対する慣性の影響と、(2)元の形状に戻ろうとする力と、
(3)摩擦損失による慣性の減衰効果のバランスで成り立っています。
このうち、(1)の係数にマイナスを与える事で、
可動の際の乳揺れの方向を逆にする事が可能です。
しかしこの場合、移動で乳が揺れた影響で、更に大きな移動が発生し、
それがより強い慣性を生み出す結果と成り、無限に加速していきます。
ロジックの都合上、パラメーターにマイナスを入れると正常に動きません。
PIC-2008_5_30_胸慣性



・逆ボーン
先端付近を固定して、根元や中央部を大きく稼動させたい場合、
乳首の方向から胴体に向かって、通常とは逆にボーンを埋設させる方法もあります。

ただし、この方法では形状の調整が非常に困難になり、
変形による形状の崩れが大きくダイナミックな乳揺れには適していません。
PIC-2008_5_30_胸慣性2

PIC-2006_3_15-0_22_20.jpg


・逆重力
現在この方式を採用しています。
重力で垂れ下がる際には逆に上を向ける事が可能です。
しかし、揺れに関しては従来同様の、先端ほど影響が大きい処理に成ってしまう為、
狙い通りの変形を実現するには至りません。

この変形のもっとも大きな問題は、後述するボーンウェイトに起因する
ボーンがS時変形した際の形状の整合性が非常に取り辛い点に有ります。


・親子関係を捨てる
根元のみを胸ボーンで変形させて、先端部分は胴体のウェイトを与えれば、
先端は位置を維持して中央部が揺れる動きも出来きます。
全く動かないのも不自然なので、少しだけ揺れる先端用胸ボーンを
胴体から直結して制御すると良い感じに成ります。

この方式の欠点はウェイトです。
親子関係を持たない胸基部と先端部分のボーンウェイトを自然に繋げる
術が有りません。
ローポリゴンならばソコソコの変形が出来ますが、ポリゴン数が多いと
露骨にココから曲がってますーな感じに成ってしまいます。


・ターゲットボーン
眼球の視線操作の際に使用した
ターゲットボーンを用いて追跡させる方法も有ります。
胴体の子ボーンとして胸の前方にターゲット用のボーンを配置し、
胸の先端ボーンはそのボーンをターゲットとして追跡する様に指定すれば、
胸の基部が下を向いた際には上を、上を向いた際には下を向かせる事が可能です。


・モーフィング変形
変形後の形状を直接モデリングする事により、意図通りの胸形状が実現出来ます。
ボーン変形と組み合わせることで、更に自然でバリエーション豊かな表現が
可能に成ります。



■現状の仕様の限界と問題点
球形・曲面を滑らかに変形させる場合、ボーン変形だけでは限界が有ります。
ボーンの移動・回転による制御では、複数のボーンを用いて変形した場合に
どうしてもボーンの接合部分の変形と、ボーン単体の影響を受けている部分とで
滑らかな形状変化が得られずに、その曲線が不均一な変形と成ってしまう為です。

この問題は寧ろ、ボーンのウェイト配置に限界が有る為とも言えます。
同一方向に曲げた際には大きな違和感として現れる事は無くとも、
「胸が重力で垂れて先端を上に向かせる」等の形状を再現する為に、
胸のボーンがS字に成った際には、このボーンの繋ぎ目とウェイト数値の変化の
境界がハッキリと見て取れます。
また、胸をオッパイカスタムでサイズ調整した際にも、
変形による不自然な繋ぎ目は露出してしまいます。

これらの問題のほかにも、胸の変形に関してはクリアすべき要点が多々有ります。

●要点
 ・自動乳揺れやオッパイカスタムによるサイズ変形に対応する事。
 ・服を着せた時に素体と連携が取れる変形ロジックで有る事。
 ・服や下着類のカスタムパーツ生産が合理的コストで行える事。

胸の変形の違和感は、ウェイトなどを細かく調節すれば
目立たなくなるかも知れませんが、
その場合、オッパイカスタムでサイズを変更したり、
服を着せた場合などに問題が出てきます。
モーフィングで胸を変形させた場合も、下着や水着など
胴体にフィットする形状のアイテムを制作する際には
同様のモーフデーターを大量に作成する必要が有り現実的ではなくなってしまいます。

何か1つが実現出来ても、その為に他の部分が犠牲となってしまい、
妥協点を探った落とし所が現在の仕様と成っているのです。

現状で満足している訳では有りませんが、現在の仕様をどう拡張すればよいか
具体的な解決策が見出せないままに、
画期的アイディアが閃くのを待っている様な状態です。

一応今の考えとしては、次回作では
無難な仕様を採用して着せ替えなどに対応した標準素体と、
実験的な機能を盛り込んだ拡張用の素体の二段構えで行こうと考えています。

乳揺れに関してのご意見や、機能の要望とかアイディア募集中です。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/848-9c0eb213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集