カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
モーフィングのデーターをUVで
ブログは日々の愚痴とか電波をチマチマ発進する為の物で、
やっぱり、多くの情報を整理して閲覧するには向いてない気がする。

出来ない事は無いけど、大変だ。挫折。
やっぱり普通にテキストに書いて添付した方が作りやすいし見やすい。



・表情の制御
表情の制御にはボーンで動かしたりモーフィングを利用したり
色々な方法が有るのですが、今回は新機能のモーフィングに関してです。
モーフィングは表情意外にも色々使い道が有ります。

ここで問題に成るのは、モーフィングデーターを如何に制作するか、と
そのデーターをどうやって受け渡すかです。
モーフィングを扱えるソフトや、その情報を他のソフトに
移植出来る方法が有れば良いのですが、あまり良い手段が思いつかず
多少回りくどい方法に成ります。

モーフィングのデーターを準備するには、
 A・元と成る表示用ポリゴン形状
 B・元と成るポリゴン形状と同一の形状
 C・BとUV値が同一の変形後の形状
の3つが最低必要に成ります。

Aは従来のボーン変形でも使用している表示用のモデルです。
モーフィングのデーターを作るには、その動作負荷が大きなネックと成りますので
表示用モデル(A)全体を変形させる事は効率的では有りません。
そこで、Aのモデルから、変形させたい部分のみを抽出したBを制作します。

変形は頂点単位で行われますので、変形させたいポリゴン面ではなく、
変形させたい頂点を含む面を残します。
残った面には新しく同一の材質を設定して、UVを割り振っておきます。
このモデルはBとして保存します
AとBの座標を比較する事で、どの頂点が変形の対象であるかを認識します。

肝心なモーフィングの変形情報は、Bを元にして変形させたCとして保存します。
どの頂点が何処へ移動したか?の判断を、UV座標が同一である事で認識します。

頂点の番号で対応を保持すると、編集中に頂点の配列が変わってしまったり、
元のモデルを編集した際に一致が取れなくなってしまい、その度にモーフィングデーター
を再作成する事に成るので、その手間を考えれば、この方法は割と悪くないと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/836-05672423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集