カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
モデリング強化計画の話(1/2)
話せば長くなるのですが(長いのは何時もの事ですが)
これまで度々話題に上がった「モデリング強化計画」に付いてです。

「モデリング強化」自体は数年前か当サークルの方針として
何度も繰り返されてきた計画です。
これは、現状でモデリング技術が不足している事に加えて、
プログラム重視よりもビジュアル重視こそがエロ同人に真に重要との考えや、
将来を見据えた場合にどの技術を高めた方が有利に活動を進める事が出来るかを
検討した結果として、モデリング強化が主目標として定められた為です。

当技術開発部も戦局の全てを把握している訳ではなく、
未来を予知する能力も有りませんから、時としてこの方針に疑問を持ったり、
別の方針に転換する事も有りましたが、大まかな流れとしては
モデリング強化の重要性に対する認識は変わっていません。

無論、我が軍の主力たるはリアルタイム3Dであります。
その独自性に置いて他国に対し優位性を築いている事も事実です。
静止画や動画よりも、動的な操作によるエロの構築を理念として掲げる
信念も忘れた訳では有りません。

では何故、ビジュアル重視のモデリング強化を主題として扱うのか?
当サークルはリアルタイム3Dの独自性により、有る程度
モデリング面での劣勢を「大目に見て頂いている」優遇された状態にあると言えます。
この状態に何時までも甘えていたのでは、これ以上の戦果は望めません。
また、今後他国がリアルタイム3Dへ進出し、この独自性が失われた場合には
拮抗した戦線は一気に崩壊し滅亡の危機は免れえません。

(次回に続きます)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/791-f449b85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集