カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
■幕の内弁当ゲームへの懸念(1)
例えば、様々な状況やシチュエーションをシミュレート出来る
ゲームが有ったとして、
プレイヤーの行動次第でレイプにも和姦にもストーリーが分岐する
夢のシステムが有ったと仮定しよう

スタート時はお互いノーマルの関係で、プレイに拠って
恋人になったり、他人同士のまま強引に襲う事も出来ると

この場合、目的の状況を作り上げて行為に至るまで、
一々最初からプレイしてたら非常に時間が掛かるので、
恋人になってH可能な状態でセーブ!とか
襲って犯す直前でセーブ!とかして使う事に成る様な気がする

だったら最初から、その状況を複数用意して、
シナリオセレクトしてプレイ出来る様にすればイイじゃないか!
っと言うのが現在の考え

プレイ内容に拠ってストーリー変化は魅力的だけど
結局実用性はないわ、システム自体の実現性はひくいわ、
仮に完成しても結局予想と違うだの何だので満足感は低いのでは無いだろうか

ストーリーの変化の分に分量を割くより、
襲ってからの女の子の反応やHシーンの行為のバリエーションに分量を割いた方が
真の意味での求めている自由度に近付けるんじゃないかと思ってるんだが
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/752-bfd4cc9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集