FC2ブログ
カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ポーズエディタで姿勢が崩れてしまう問題
ポーズエディタで姿勢が崩れてしまう問題。
心当たりが幾つか有るのですが、はっきりとは判りません。

各ボーンの回転角度の限界を制御する計算が不味かったのか
もしかしたら計算精度の問題かも・・・

普段、作品中でキャラクターを動かす場合は、
「ファイル→モーション→各モデル」
みたいな感じで動きの情報を順次送っているのですが、
実はファイルに記述するフォーマットと、
プログラム内部で処理するモーションデーターの形式が違って居るので
そのままの受け渡しが出来ません。
更にモデルのボーンの姿勢制御データーも形式が違うので
変換が必要に成ります。
この変換が非可逆なのでデーター転送時に若干の誤差を生じてしまうのです。
モーション再生時には一方通行なので2回変換するだけで、
実影響は殆ど無いのですが・・・

後付で作られたポーズエディタの部分はこの影響をモロに被ってしまい
開発が難航した部分です。
当初はモデルをマウスで操作して、その値をモーションに記録する
仕様だったのですが、コレでは精度の関係上、動かす度に姿勢が変わってしまい
実用に耐えない事が判明。更に本作ではボディーのモデル以外にも
頭部や顔や服など、複数のボーン構成が異なるモデルを同時制御している関係上
更に処理が複雑になり、データーの転送回数が増え、精度の問題が深刻化して
しまったのです。

この部分は兎に角計算精度を上げる為に、複雑怪奇で実に美しくない処理が
蛸足配線で繋がっており、可読性や処理効率を無視しまくった実装がされている為
何らかのバグが潜在している可能性も否定しえません。

再現性の低いバグってポインター関係を疑ってしまって
割とトラウマっぽい感じです。おそろしやー
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/687-ae54bc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集