FC2ブログ
カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ジャンル・属性の考察
従来よりジャンルについては色々考えてきましたが、
ジャンルに付いてはより詳しく研究しなければ、
単に自分が作るのみならず、的確にジャンルを把握してアピールしないと
お客さんの立場でも作品のジャンルが判らないと混乱を招くのでは
無いかと考えるように成りました。
買った後で非処女だと判明したり、実はオチンチン生えてたり、
ヒロピンモノでも負けて犯されるのかラブラブなのか、
犯される場合は最後まで抵抗するのか、洗脳されちゃうのかなど・・・
近年のジャンルの多様化により作り手と受け手の認識の錯誤は
時には取り返しの付かないトラウマさえ産みかねない恐れが有るのです。

私はコレまでジャンルといえば、女の子がメガネを掛けているだとか、
胸が大きいだとか、見た目から判断出来る要素を大きく考えていましたが、
実際には見ため以上に女の子の性格も重要なのだと認識を改めています。
最近流行ったツンデレブームなどを見ても、単に外見上の魅力ではなく
キャラクターの性格的側面からアピールをして行く手法が
世間で広く受け入れられ始めているのではないかと。

更に重要なのが、主人公の存在です。
プレイヤーの分身とも言える主人公の女の子への接し方が、
作品性やジャンルに関するまで大きく影響を与える可能性に付いて
更に研究を深める必要があると考えています。

主人公には感情移入しないので構わないと言う人も居るかもしれませんが。
例えは従来の作品に多く見られた女の子が沢山押し寄せてきて
巻き込まれ状況に流され系の主人公とか、次々と女の子を毒牙にかけるタイプとか。
主人公が自分の思惑と余りに掛け離れた行動を取る事に対する不快感や、
それに伴う納得の行かない展開などにイライラする事も有ると思います。
つまり、女の子側の情報によるジャンル分けではなく、
主人公のパターンによるジャンル分けも重要ではないかと思うのです。

女の子の外見+女の子の性格に加えて、主人公の性格などの要素を
総合的に形容するとシチュエーションと言う物になるのかも知れませんが。
主人公の性格まで含めると余りにバリエーションが多すぎるために、
現在の主なジャンル分けでは対応しきれない等の問題も有ります。
しかし、これが一見して同じジャンルであっても、実は全く異なるジャンルで
いざ見てみると全然自分に合わなくて不満だった!
などの問題を起こしているのではないかと。
作品のジャンル属性と、自分の好みのジャンル属性を拠り細かく分析して、
適合性をチェックし、事前に拒絶反応の有無を確認する手段が確立すれば、
不用意なアレルギー反応によるトラウマダメージを回避する事も
不可能では無くなります。

ヒロピンに付いて書こうとしたのに、前置きだけで長くなっちゃいました。
本題に付いてはまたいずれ。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/668-731adae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集