FC2ブログ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
今後の予定(2)
予てからの検案の通り、今後は作品制作体制をプリレンダに移行します。
実際にはリアルタイムの作品制作を辞めてしまう訳では在りませんが、
制作速度から考えて複数の作品を同時進行する事は難しいと考え、
当面は開発ソフトウェアの移行作業とプリレンダでの
作品制作を優先的に行う予定です。

移行に付いての要点は以下の3つです。
1・プリレンダ技術の習得
2・モデリング技術の向上
3・エロ的表現の研究
4・作品システム開発体制の移行

当サークルが当初掲げていた命題は、
「作品制作のサイクルを高速化して、作品品質の向上に努めよう。」
と言う物でした。
これは、高額化大容量作品を作るよりも、
当面は作品の品質を重視してドンドン制作をして行こうと言う考えです。
しかし現状では一作を作るのに半年近く掛かっています。
この生産体制では新しい技術や表現を取り入れる事で精一杯で、
前述の移行の要点として上がっている課題へ取り組む事も
困難な状況と言わざるを得ません。


1・プリレンダ技術の習得
ゲーム等ではプリレンダの高解像度ムービーが付いてますし、
綺麗な静止画が必要な場面などもあります。
将来的に考えて両方出来る様に成れれば、
表現の幅が広がると思っています。

2・モデリング技術の向上
当サークルが、今もっとも優先して取組まなければならないと
考えているのが、この「モデリング技術の向上」です。
リアルタイムで作品を作ると、如何してもモデリング以外の
作業時間が制作の大半を占めてしまいます。
ソフトの移行によって機敏な足回りが確保し、
またキャラクターの表現力が結果に直結するプリレンダ作品で
技術を磨きたいと考えています。

(つづく)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/63-432f03b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集