カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
音声
2次元CGのADV形式のゲームであれば、
音声をメッセージと共に表示してクリックで進行する処理方式が
一般的ではあると思いますが。
この場合、静止画に対して音声が流れますので
プレイヤーが両者を脳内で結び付けるのだと思います。

3Dアニメの場合、音声とキャラの動きと
双方に長さの概念のあるデーターを組み合わせますから、
やや処理で難しい部分がある訳です。

さらに操作に応じて長さが変わったり、動きが変わったり、台詞が変わったり。
3Dのビジュアル的部分に付いては理想のイメージが有って
それに沿って制作作業を進めて行けば良い訳ですが。
音声処理の理想形に付いては具体的なイメージが持てずに居る関係もあってか
未だ悩む所があります。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/587-85b397b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集