カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
問題点
従来より問題点とされていた、SEXなどのシーンで複数のキャラクターが
密着状態で同時にアニメーションする場合について。
キャラクターの行動バリエーションを増やし、
表現的な不都合を解消する為に新しい案が浮かんだ。

男性側のキャラクターを非表示とし、手のオブジェクトを空中に表示
或いは性器部のみをバイブの様にして表示するのだ。
女性キャラが見え難いと言う視覚的問題点もクリアできる。

男性側のキャラが見えなくなっても、ユーザーの見たい部分は女性キャラで
ある事が期待されるのでコレは大きな問題には成らないだろう。
また男性側の動きはシンボルオブジェクトで表現可能であるため、
男性側のキャラクター操作の状況は視覚情報として表現可能であり、
操作の一体感を損なう事は無い。
副次的にはレンダリング負荷の削減にもつながる。

ゲームデザインとしては、運転席視点のレースゲームに近いだろうか。
今後製作するのがアクション要素の高いゲーム作品に成るかは未定ではあるが、
そうでない場合でも男性側の非表示による表現処理は検討に値する。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/519-a1b8eb7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集