FC2ブログ
カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
宣伝動画
かねてより調査を重ねてきた研究部の報告従い
次回作の体験版を動画形式で行うプランが浮上している。

詳細は報告書の「体験版を動画で行う方式のメリットに付いて」
を参照頂こうと思ったが該当する書類は何故か紛失したようであるので
各員の記憶エリアより適時思い出して頂きたい所である。

個人製作のエロ動画作品となれば、本編より抜粋して宣伝動画を作った場合
画面が単調で有ったり使える素材の上で制約が大きいと思う。
しかし今回の作品はなまじマップ数が多い(EXモードの搭載による)事に加え
キャラのカスタマイズ機能も有る為、プロモーション動画を作成する場合に
非常に都合が良いと予想される。

しかし反面、宣伝動画の出来が余りに良すぎた場合、
予想される内容と実際の作品に開きが生じ、誤解を招く恐れも有るのだ。
カスタマイズ機能があるとは言えヒロインは1人。
マップやシチュエーションが豊富でもEXモードの個別のシーンは短い。
無論本編中のシーンがメインであるし、なまじ製作期間が長かっただけに
当サークル過去作と比較してもボリュームは多い筈では有るが。

加えて本司令部より新規作業発注禁止の厳命が下されており、このままでは
計画の中止もありえる。
本作戦の実行の為には、宣伝動画製作によって具体的戦果が得られるか否か
すなわち販売数促進に対しての有用性が認められる事が必須ではあるが
皮肉にも本部は同時に「効果が有り過ぎた場合」の懸念もしているのだ。

本部の役人どもは現場を知らない。
古来より劣勢に立たされた戦局は新兵器の開発によって打開されると
相場が決まっているのだ。
最早猶予は無い。最悪の場合には、
兵器開発部は独断にてプロモーションムービーの作成を断行する構えである。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/446-3048704d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集