FC2ブログ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
透け処理
服が濡れて透けて見える描写は、
単に衣服が半透明に成るだけではなく、
肌に密着した部分が特に透けて見える。

これを3Dで表現するには、外側の衣服モデルと
体のモデルの距離に応じて透明度を可変する事で
実現出来るが、そのような処理は非常に負荷が高い為
現実的ではない。

20060730035913.jpg


代用案として、衣服モデルを半透明で製作し、
法線方向にマイナス係数で押し出したモデルを
重ねて表示する事で、肌に近い部分を意図的に表示
させる事が出来る。
押し出すモデルのサイズと透明度を、段階的に可変させれば
より細かい表現が可能になるが、
濡れて肌に密着した部分の表現と、処理速度を考え合わせると
一段階の処理で十分な効果が得られるだろう。

この方式は非常に有効だが、弱点として接触する
ポリゴンモデルの精度次第では思わしい透け具合と
成らない事がある。
ポリゴンがザクザク体に減り込んでいる様子が見て取れると
印象が良くないのだ。

現状では濡れた服が透ける描画を実現するには
透明度マップを準備したテクスチャを差し替えて
行うのが妥当かもしれない。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/235-42d223d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集