FC2ブログ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
LWのアレから
アニマスの時は割りとスムーズに移行出来たのに
LightWaveは既に半年以上たってもあまり使いこなせていません。
アニマスの時は1ヶ月位で一応作品製作の形には出来ていた
事に比べると、随分と梃子摺っています。

ソフトを乗り換える際には、前に出来ていた事と同じレベルにまで
使いこなせなければ、別のソフトを使うメリットを見出す事が出来ないので、
仕様暦が長くなれば成る程に乗換えが難しくなるのかもしれません。

初めて3Dを覚えるのであれば、取りあえずレンダリング出来るとか、
ボーン変形出来るとか言う事だけでも進捗を実感できて、
先に進んでいると言う実感が持てるのですが。
乗換えとなると、如何しても出発点をマイナスに捉えてしまって、
ゼロポイントまでの道のりが余りに遠くて
余計に長く感じてしまうのかも知れません。

LightWaveは作業の巻き戻しが非常にやり難く、
作業をある程度進めると前の段階に戻すのが困難な印象を受けます。
これは、私がモデリングをメタセコイアで行っているからなのですが、
モデリング修正を行う度に、コンバート、ボーン入れ、ウェイトマップ、
モーフィングなどを1からやり直さねば成らないために、
再生産コストが非常にかかってしまいます。

この工程を何とか省力化出来ない物かと考えるのですが、
効率化の為に様々な妥協を許してしまうと、徐々に制限が大きくなってしまって
最終的にはリアルタイムで作るより効率が悪くて品質も悪いものしか
作れていない事に気が付く訳です。

この問題は私が作業に成れるなり、技術力が向上するなりすれば
解決すると思って居たのですが、今まで使ってみて
どうもこのやり方では絶対上手く行かないなと考え始めました。

こうなったら、モデリングを含めて全てLightWaveで作業を
完結させるべきとも思いますが、もともとLightWaveはモデラーとの連携の
弱さやアニメ製作のし難さ等を指摘されている事を考えると躊躇します。
当初の予定ではモデリングはメタセコイアで、アニメ作成のみをLightWaveでと
考えていたので、ここまで梃子摺るとは思っていなかったのですが。
これはキャラアニメーションへの使用は断念して、
背景のレンダリング専用と割り切るべきなのか・・・
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/217-f698eef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集