カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
■体型変更機能の問題点
腹部の変形など
モーションの座標が指定されている箇所で
大きく体型を変えると視覚上の問題が発生する
サイズの異なるボディーにモーションを適応すると
リアルタイム自動変換が完璧ではない為



衣類を変形できるなど利点も多いが
欠点も有る

体型変更に対応するモデルで無ければ

関節の変形や
モーフなどの特殊機能を実装している素体は

1つの素体でアレにもコレにも対応させるのが難しいからだ

これは、ボクシングで言う二階級制覇や
短距離走とマランソン、野球とサッカーで同時に優勝するのが
原理的には不可能ではなくても
実現する難易度は飛躍的に跳ね上がる為、
現実的コストでの達成が困難である為だ。

体型変更は魅力的であり有益な機能では有るが
適応させる為には他の機能のいくつかを諦める必要が有る

どのレベルまでの変形なら可能であるかは異なるが
極端な変形でなければ、対応を考慮していないモデルでも
ある程度までであれば可能である。
(逆に言えば、ゲージを端まで動かすような強引な調整は、
 体型変更に対応しているモデルでも難しい場合が多い)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1801-f1082410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集