カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
モデリング
PIC-2015_02_18-12_49_27.jpg
今回は
限られた時間で完成させる事や
ゲーム製作に比重を置きたかったので
新規の追加モデリングはしない予定だった。

過去のモデルとアンマッチになる問題もある。
下手に低品質なものを追加して全体の質を下げるより
既存のモデル資産を有効に消化する方が得策と判断した。



しかし、
ゲームを作っていて、不足する素材や
よりゲームにマッチした地形が欲しくて
結果的には一部の素材を新規に追加生産した。

終わってみれば、これは良かった。

当時と同じかそれ以上のクオリティーでなければ
満足出来ないと考えていたが、
製作作業をしていて十分な充実感が得られた。

常に右肩上がりで成長できなければ作る意味は無い、
当時と同じ技術水準に達しなければ作業したくない、
と思っていたが、
今の技術でも物を作るのはやはり楽しい。

何より、古い型に嵌められて、設計図どおりに作業するより
こうした方がもっと良くなると、改善の余地があり試行錯誤できる作業は単純に楽しい。



思えば、指示通りに単純作業を続ける事に
長く身を置きすぎたのかもしれない。
耐えて忍んで要求仕様どおりに作ったのに鶴の一声でという事もあった
自分が作ったと言えない事も

思う事も無い訳では無いが
今の自分でも出来る事が全て奪われたわけでは無い
あと幾つ作れるか判らないが
作れる限りは自分を作り続けて行こうと思う

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1689-944de9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集