カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1つの可能性
リアルタイム3Dの利点の1つは
キャラクターカスタムにあると考えています

 機能や理屈ばかりが重要な訳で無いという意見も有りますが、
 プリレンダと比較すると不利な要素も存在する以上
 ただリアルタイムを使った作品というだけではなく
 リアルタイムならではの利点を活かし作品の魅力を高める方向で検討したい

さてキャラクターカスタム対して
私は2つの方向性を見出しています

1つは、カスタムによって自分好みに調整が可能であり
理想の彼女を作り上げるプラン
AIとカスタムによるヒロインの創造

コレには自分の理想像を作り上げられるという魅力がある一方で
膨大に用意されたカスタムパーツが必要であるにも関わらず
選ばれず使われなかった要素は日の目を見ずに無駄に成ってしまう可能性が存在し
ボリュームに対して実際に使われる実用部分が少ないという弱点もあります
従来のDF40計画は此方のプランを採用しています



今回はコレと対を成すもう1つの可能性
つまりカスタム機能を活かして様々なバリエーションのキャラクターを自動生成し
継続し繰り返す事によるパターンの蓄積によるヒロインの創造

プレイするたびに変わる新鮮さ、
新しい発見、
用意された物語ではない、出会いに対する変化の体験

こういった方向の魅力を追求していきたいと考えています
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1480-972f481f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。