カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ネタ被りネタ
PIC-2012_08_2852.jpg
OL?

サークル内ゲーム
でネタが重複しても大きな問題では無いとは思うのですが

自サークル内で同じネタを再生産するのは、生産効率面でよろしくないとか、
マンネリ感があって、(良い悪いの同義的問題ではなく)
どの道マイナスなのではないかとか。

しかし他のサークルさんの作品も沢山リリースされている訳ですから、
この辺は余り気にしても仕方の無い部分なのでしょう。

先日のゲームの部分でもお話しましたが

似た物を知ってしまうと、
無意識の内に真似してしまったり、
逆に真似したと思われない様に真逆にしてしまったり。
どんどん理想像から遠ざかって変な物になってしまいます。

だから製作に集中する時は
極力、他の物は見たり聞いたりしない様に注意します。
しかしそれ故に世間のトレンドからズレてしまったり
クオリティ的なパワー配分を間違ってしまう危険も大きく
独り善がりになりがちです。

この辺の考えは5年か10年くらいのサイクルでグルグル回ってます。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1415-99d31a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集