カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
サイドストーリー
エロをアピールする為には、ストーリーが~の
前回の話の続きですが

個人的には、ストーリーではなくバックストーリーが重要なのです!

刻命館や影牢の場合には、
ストーリーを積極的には見せようとはしていない部分が
良かったのではないかと思っています

開始前のデモ、遭遇時の台詞、死亡時の断末魔、
ゲーム中のステータス情報画面や、
ステージクリア後のリザルト画面で、ちょこちょこっと語られるお話
パズルを繋げる事で紡がれる、彼らの人生のストーリー

ストーリー本編に然程重要に絡んでくる訳でもなく、
気にしない人は本当に気付かないかもしれない程度の存在
まさに、ゴミの様な命!
見ようとしなければ見る事の出来ないゴミクズどもの人生!

これが、さも、壮大な被害者の悲劇のストーリーとして語られて
飛ばせないメッセージ画面でノベルゲーム風に読まされていたら
この感動も興奮も無かったのではないかと

自分がゲームクリアのために、もしくは得点の為に踏み潰したムシケラの人生
見えない時には絶対に見えない
でもいざ見ようとすれば、ソコには敵1でもなく得点源でもない
彼らの生きた証が、人と人との繋がりが、残骸となって転がっている的な

あぁ・・・書いてて自信が無くなって来ました
なんだかコレって凄くニッチな需要な気が・・・
この記事に対するコメント
空とエロとの間には…
例えば、私の好きな「AngelBeats!」という作品の場合、消えていくメンバー一人一人の
「その最期」は、作品中では描かれていません。

ヒントのいくつかは作中で提示はされているので、その部分を脳内補完するか
ゲームやノベライズを待つか、という感じなのですが、そのサイドストーリーの
ひとつひとつがパズルのピースのようなもので、作者から提示される「解」編で
一挙に「嗚呼、成る程!」と頷けるような、心がストン、と落ち着くような
そんな展開が理想なのでしょうね、恐らくは。

この厄介な点は、求められるエロとの接点が…というところで、
例えば先端恐怖症のヒロインが、なぜそうなったか、というサイドストーリーを
語ったところでそれがストレートにヌキ気と直結するかが甚だ疑問と思われたりしてしまうのです。

…さてさて、何を言ってるのか分からなくなってきましたよ(笑)。
【2011/06/18 土】  tillDAWN  [URL] [編集]


以前考えてたゲーム案なのですが

# レイプゲームで
# レイプせずに尾行したり
# 一度犯したヒロインのその後を観察できるタイプのゲーム
#
# ストーリーなど不要だと思えば、
# ただ犯してHシーンだけ楽しむ事も出来るし
# 前後のストーリーが欲しければ、
# 犯さずに観察という形で情報を得たり、危険を冒してレイプ後の観察対象に接触したり
# プレイヤーの行動次第で物語が紡がれていく、というスタイル

その後の展開が変わるというのは
プレイヤーの行動が見られていて、評価される、
と言うのがポイントで
「こんな酷い事をしている自分!」
という、えもいわれぬ興奮の盛り上がりを演出するのです

→ 殺してでも奪い取る
なにをするーきさまらー!?

みたいな感じで
あの場面を文章だけで読まされても今一感動も湧かない・・・
しかし、台詞もキャラ設定も無いクリボーを踏み潰しても感動も罪悪感もない・・・
自分の選択で選び、行動し、結果として得られるストーリーだから感情移入度が
上がったのではないかと

RPGなどで、町人と話すのはプレイヤーの自由選択ですが、
その話も世界観の中で辻褄が合う話で、良く聞いていくと「コレの事だったのか!」
みたいなネタが隠してあったり、村を救った後はメッセージが変化したり
こういう部分は、アニメや漫画とは違った演出が出来る、ゲームの利点なのでは
ないかと思うのです

話を刻命館に戻しますと、
あのゲームの場合の、敵キャラクターの台詞というのは、
ノベルやアニメなどと比べると非常にアッサリで、解説の文量もけっして多くは無い

しかし、プレイヤーが実際にゲームで戦った敵であり、自らの行動でトドメを刺した
という事実と、ソレによって知る事の出来る僅かな情報とが
絶妙の化学反応を起こしたのではないかと分析しているのです
【2011/06/18 土】  groe  [URL] [編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1280-12e51778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集