FC2ブログ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ブラー
夏である。負荷の高い処理を作る事は気が引けるのだが、
オプションで機能をOn/Off出来る事を免罪符にして調子に乗っている。

今回ブラー処理は2種類実装されている。

ひとつは、複数フレームを合成して表示するフレームブラー。
比較的低負荷で高い効果を期待できる。
モーションブラー的に、キャラクターの動きをブレさせる事も出来るので
設定次第で様々な演出に使える。

しかし、欠点もある。フレーム間の画像を合成している関係上、
画面更新頻度(fps)が落ちた時に、露骨にブラーの効果が不自然に成る。
なるべくfpsの影響を受けない様に調整しているが、
レンダリングされなかった画面は補間しようが無いので、
低fps時には効果が期待できない。

他にも、突発的なパラメーターの変化に対応できない、と言う弱点もある。
フレーム間で補間する仕様上、どうしても効果発動までにタイムラグが生じる。
例えば、0.5秒間前まで遡って残像を残す場合、ブラー濃度を上げる指示を出してから
最低でも0.5秒後に成らないと目的の効果が得られない。
実際には、ブラー切り替えをもっと滑らかに段階的に調整する為、更に時間は延びる。

ゲーム中に、瞬発的にキャラクターがダッシュしたり、ジャンプする際には
効果が間に合わず、アクションが終わってから、のんびり画面がボケる具合である。



そこで役に立つのがもうひとつのブラー、スクリーンブラーだ。
現在の画面のスクリーン情報をカメラの移動方向にスライドさせて、
何枚も重ねる事でブレている感じを表現する。

この方式は、現在のスクリーン情報を使用する為、キャラクターの動きにはブラーが
掛からないが、カメラが激しく動く場合には、画面全体への効果が期待できる。
本ゲームではダッシュやジャンプの際の画面の演出には、こちらのブラーが使用
されている。

フレームブラーがバックグラウンドで処理出来るのに対し、
この方式は表示結果を何枚も重ねる上に、毎フレーム処理を繰返す必要もある為、
比較的負荷が大きい。しかしそれに見合うだけの演出効果を持っている。



ブラーは然程目新しくない技術であるし、特筆すべき劇的な効果がある訳でも無い。
しかし人間の目は素早く注目点を変える際に、視界は鮮明にスクロールしたりしないし、
ビデオカメラも激しく振り回せば、途中の映像は乱れる。
3Dではそれらが起らず、非常に鮮明な画像が表示される事が利点でもあり
違和感も産んでいた。
今回実装された処理は、必須ではないが、
今まで以上の臨場感を生み出す事に貢献するだろう。

以前私が持っていたPCでは、これらの高負荷な処理は対応できなかったが、
その代わりにデフォルトでブラー効果に対応したディスプレイが残像処理をしてくれた。
今のディスプレイは残念ながらその様な現象は起らないが、
機能の効果を確認するのに十分である。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emo3d.blog26.fc2.com/tb.php/1128-10fc2af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事を編集する
この記事は管理者のみ編集可能です。
編集