FC2ブログ
カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
オプションでの射精ボタンの扱い
GzPKf0W8_11.jpg
画面の射精ボタンの
アイコンがある場合、

コレを押すと画面から正面に精液が発射されます。

任意の場所を狙って
好きに精液でトッピングできる機能なのですが

男性の棒から発射するだけでは
毎回同じ様な場所に付着するので
自分で操作して狙ったり、好きな場所に付けたり
男性が画面に居ない場面でも、自分でぶっ掛ける感じを楽しめるなどの
利点が有ると思うのですが


このボタンの機能を変更し
男性から発射も選べる様にしました

オプションからボタンの動作を選べます

今までの数作は、ゲージなどのシステム的な事情から
今までの数作は、ゲージなどのシステム的な事情から
こういう動きが必要という逆算によって
モーションを製作して組み立てていました。

正直、同じ様な動きを何度も作っていた事もあり
マンネリ感、ネタ切れ感もありました。
リアルタイム3Dの機能の利点でも有りますが、逆に
動きの速度や視点が自由が故に、体位での差別化も
違うもの新しい物を求めつつも限界を感じていました。

今回は切り替えて、システム側に捕らわれず
発想を自由にして
新しい表現や動きを思いつくまま自由にしてみようと
思った部分もあります。

しかしソレが今まで良いと思われていた部分まで切り取ってしまっていたのかも
しれません。