FC2ブログ
カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
失敗と反省
今回の作品の反省点は
ボリュームを増やしてしまった事に有ると思っています


前回も似た様な事に成って
製作時間を確保出来ない焦りと
製作期間が長引いた事で
とにかく作りたい要素を沢山詰め込んでしまい
反比例して完成度が下がってしまった感は有ります

今回は時間的に厳しい事は最初から判っていたので
作品をコンパクトに纏めて
無難に完成度を上げていこうと思っていたのですが・・・
また少し余裕が出来ると新要素を追加してしまい
余裕ブッこいた分、後から厳しくなって似たような状況に陥りつつあります


しかし
理想を言えるならキリは有りませんが
現実的に厳しい開発環境の中で
自分が最優先で作りたい物を取捨選択するとなると
作りたい物を我慢して完成度を上げるよりも
多少荒くなっても作りたい要素を追加して増やしたい気持ちはります



そもそもモデルやモーションが先に完成してるから
製作コストが下げられる
とか考えたのがおかしかったのですよ

だってそのモデルとモーションを消化出来るだけ
作業が増えるのが確定してるのですから
長方形の一辺が既に確定している様なモノで
どうやったってコンパクトに成らない

単なるアニメ集辺りにしておけばいいのに
それじゃ情けないと見栄を張って
おさわりとか操作要素を入れようとするから・・・

後々のスクリプト作業量が倍加して膨らんでいくのは当然で
全体の作業量の把握に失敗しているのが

流用すれば簡単に出来るだろうというのは良くある勘違いで
流用品を最大限効率的に生かそうとか、作業量を考慮する前提だと
基本設計が自由に出来なくて、往々にして思ったよりも
大規模な開発に成ってしまうという

そもそも、その流用品だって開発コストがタダで手に入ってる訳じゃなくて
地獄見て作ってるのは過去の自分だから
数字的に誤魔化してるダケに過ぎないので
トータルで考えれば全然コスト削れてないという

体験版
今までは
専用の体験版。
ココ数作は
体験版を専用に組み立てていました。
従来のeモーションでは、体験版は動作確認程度に本編の抜粋だったのですが、
それではイカンと体験版の構成や組み立てをしっかりしろとの、
それでココ数作は、まあ色々事情もあって体験版専用の操作説明とかのシーンを入れたり
自分なりに色々頑張ってきた訳ですが、今回はチョットソコまでの余裕は無いと言うか
色々事情も変わりましたし

販促面で考えれば体験版は重要と判って居るのですが



動画機能も有るので

体験版より
動画を作ってみたい

でも
プリレンダ3Dと違って
リタルタイム3Dだと動画素材が無いんですよね・・・
編集技術も特別出来る方でも無いし

数量的には超えている
気が付いてみれば、
モーション、モデル、音声、スクリプト
数量的にはどれも痴漢鉄規模を超えている・・・

しかしどうもそれ程の量的手ごたえを感じないのは
製作に対する情熱か、期間が長引いたからか、
見慣れてしまったのか・・・

コスパ
限られた時間、制約の中で
十分に時間を掛けて満足の行く物が作れない時に
モチベーションをドコに持って行くか、何を目標に頑張るかという
話に成ると
結局、全力でやる、という短絡的な所に行く
「今出来る範囲で最大限の結果を出している」
諦めず、絶望せず、手を抜かず、頑張り続ける為の目標
(この条件にしては)良い結果だ、自分は頑張れている、さすが俺
と思うための数値達成
それがコスパに行き着くのだろう

作品名や紹介画像は既に作っています
今回は初期の段階で素材が揃っていた事もあり
作品名や紹介画像は既に作っています

完成までに結構時間が開いてる事もあり
完成品と違う部分や紹介しきれてない箇所も
(DF401の時も同じ事を言われた気がしますが…)

この辺は色々考え方があるとは思いますが・・・
私は、作品本編以外の雑務は出来るだけ減らしたいですし
時間が有るなら少しでも作品製作に使いたい人間なので

開発が長くなると・・・
合間の前回の作業の記憶が途切れる問題

余りに長期間に成ってしまうので
プレッシャーが大きくなる

次の作品が何時になるか?作れるか?判らなくなるので
今回に詰め込もうと考えてしまう
程々で切り上げて次の作品の作業に、とは考えられず
ダラダラとあと少し、あと少し、を続けてしまう

もし今の作業を、今回の作品に入れるなら、公開はスグだが
有るか無いか次回作の作業を始めてしまうと1年後か何年後になるか判らない
そもそも出せるか判らない
それよりは完成間近の作品の作業を続ける方が精神的に「楽」なのだ

作品を出してしまい、次の作品の作業を始める時が一番辛い
それよりは、完成直前の気分に何時までも浸っていたい
或いは公開直後のサポートやアプデをやって達成感を味わいたい
そうやってダラダラ逃げてしまうのだ

以前はソウではなかったが
作品製作が長期化し、次が有るか無いかわからない様な状態に追い込まれると
やっと手に入れた僅かな創作時間を、
数年後に完成するか或いは無駄に終わるか判りもしないモノに使うよりは
目先のスグ結果が出そうな所に使ってしまう

今回のHシーンは
今回のHシーンは見るだけを重視しているので

手放しで
最初から再生が始まるタイプ


終了するには「終了」ボタンを選ぶか

終了するとHした回数は1回カウントされますが
射精や絶頂はゼロのまま増えない事が有ります。
終了するまでに射精や絶頂した回数などによって
次回以降にチョットだけ影響が出る感じです。




毎回違った方式を採用するので
どうするのが良いか毎回悩んでます・・・