カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
肌材質
PIC-2014_1010000.jpg
今回のモデルは
肌材質が選べる様になっています。

褐色っぽい肌や、汗だくテカテカの肌など
イロイロな肌材質を選ぶ事が出来ます。

そのかわり・・・今までは、
オプションでアニメ調などの切り替えが出来たのですが、
この肌材質を使用する場合は「トゥーン」に固定で使用してください。

今までの方式とは異なりますが、
様々な表現を試す一環として、肌の表現に新しい方式を用いています。

筋肉
PIC-2014_091331_15.jpg
筋肉は全てに優しく平等です

パワフルな女の子の筋肉と
夜のプロレスごっこをお楽しみ下さい





貧乳
PIC-2014_09879.jpg
光りある所に影がある!

巨乳が有れば対と成る貧乳が無ければ世界のバランスが保てません

世界の理に導かれて…
比較的(当サークル比)控えめなオッパイをご覧下さい

肉揺れ
PIC-2014_10_010_00.jpg
静止画ではチョット伝わり辛いのですが
今回の肥満素体は「乳揺れ」ならぬ「肉揺れ!」を導入しています

無駄に肥え太った女の慣性質量をお楽しみ下さい!

肥満素体
PIC-2014_10_0115628.jpg
限界とは肥える為にあると先人も言ってます

オッパイが大きいだけでは物足りない方の為に
全身に余分な脂肪を増量サービスしました

人の欲望は無限大です
欲望のままに食べ続けた結果をご覧下さい

超乳
PIC-2014_09_288.jpg
爆乳でもまだ足りないワガママなアナタの為に!?

人の欲望は無限大です
更に大きく
もっと大きく
限界とは超える為にあると先人も言ってます

男性女体
PIC-2014_10_10-06_16_56.jpg
女の子同士って奴です

邪魔な男を見たくない場合は非表示にも出来ますが
いっその事全部おっぱいにする事も出来れば威力倍増と考え
今回も女性化素体が用意されてます

女性とのカラミのモーションの都合で
男性側の骨格をそのまま使ってるので、大柄な女性です

爆乳
爆乳
体型カスタムである程度はオッパイを大きくする事も可能ですが
デフォルトとは全く異なる体型として
爆乳素体を準備しました

基本体型の改造では物足りない方にお勧めです!

ただ、欠点としては、基本素体とは全く異なる体型になる為
衣装を使う事が出来ないのです…
全裸ですがバリエーションの1つとしてお楽しみいただければと思います

体験版は高難易度?
PIC-2014_02625328.jpg
体験版は、本編よりも高難易度で調整している。

これは、体験版では難しく短時間でプレイが終わり十分に楽しめないが、
本編では簡単に自由にH出来る様にして、じっくり遊べる要素を増やす事で
購入の動機になる様にとの考えと
買った人が「体験版より面白く無くて買って損した」と感じるのを避けたい狙いがある。

しかし
個人的にエロゲーには難度は不要との考えもあり、簡単にエッチ出来るべき
との信条があるので、体験版を高難易度にすると、
難易度重視のゲームだと思われてゲームの方向性を誤解される懸念がある。

実際にエロ重視のゲームでは、
高難易度が評価されるよりも、批判される事の方が多いと感じる。
体験版が難しくて敬遠される懸念がある。

また
常識的に考えると、人間は時間が経てば慣れた方が上手く出来るのだから、
初見の体験版は簡単で、慣れた頃に難しい本編をプレイした方が合理的である気もする。

コレについては再考が必要か?と悩んでいる。

ロングヘアー
今回の髪の長い女性がヒロインです。

PIC-2014_04304832s.jpg

当サークルの過去作品でも、髪の短い女性の方が多くなっています。
リアルタイム3Dでは長い髪を動かすと負荷が掛かったり
胴体に減り込んだりして自然な表現が難しかったのです。
技術的に不可能では有りませんが、髪の長さで魅力に大差が無ければ
あえてデメリットが多く存在する方を選択する理由は有りません…
PIC-2014_06210732s.jpg
PIC-2014_0623019s.jpg
PIC-2014_0621811s.jpg
今回は完全に趣味で(笑)
接触判定や可動を組み込んでみました!
元々、販売を想定しない、ゲームで動かす予定ではなかった
純粋な技術試験モデルだったから、こういうムチャな設計が出来たんですね!

アクションゲームだとゲーム中に長い髪が揺れるので見応えが有ります。
転んでも怪我の功名、結果オーライだったかもしれません。

難易度
簡単クリアを目指してます

エロイ事が簡単に出来る様に
ゲームの難易度は簡単に敵を蹴散らせる様に調整しています

PIC-2014_0311001s.jpg
   群集に囲まれる主人公の図
   これでは落ち着いてエッチ出来ない!!(笑)


でも少し難しいモードも用意されています

今回のゲームは、敵から隠れてヒロインをコッソリ襲ったり
見られないようにスリルを味わいながらエッチするのが狙いです
簡単に敵を全滅させられたり、見つかっても勝ててしまう感じのバランスだと
どうしても本来の狙いのゲームバランスとしては破綻してる気がするのです・・・

正面からガンガン倒して行くだけでは勝つ事が出来ない難易度の
見つかると即警戒されたり、体力が瀕死で始まるモードも用意されてます。

リアル系の眼鏡
PIC-2014_081314.jpg
メガネはフレームのみのモデリングで
透明のガラス部には何もないという・・・
所謂伊達メガネです

リアル系なんだから
少しでも現実的に見せる為に
技術の粋を結集するべき!とも思うのですが・・・
アナログな方法で表現されています

これは
Zバッファなどの関係で
髪の毛の表現と相性が悪いためでもありますが

まあ現実の眼鏡アイドルさんとかも
枠にガラスの入ってない伊達眼鏡を使うそうですし
(多分スタジオのライトを反射しない為だと思いますが…)
ある意味リアルって事で

こだわりのエロ下着
PIC-2014_09_0759.jpg
こだわりのエロ下着

今回のゲームは下着にも拘ってます

リアルタイム3Dの利点は、好きな衣装でエッチ出来る事です
もう行為の途中で女が勝手に裸に成ってガッカリする不安はバイバイです

自由に脱がせられるのではない
自由に着せられるのだ!!

今回はポリゴン数が半端ないので
レース部分やフリルの造型、シワの表現なども当社比で細かく成ってます
もう下着はただ隠す為の布ではありません
女の子を可愛く見せるためのポリゴンなのです

バトルモード
PIC-2014_101.jpg
今回は、エロFPSという事で
隠れて襲ってエロイ事をする!というゲームです。

なので、基本的には戦うよりも
隠れたり見つからないように工夫するっというコンセプトで作られてます。

バトルして邪魔者を排除して犯すだけでは
単にエロ行為をする前の戦闘、邪魔なダケなので
「エロに邪魔なゲーム」に成ってしまうと思います。

隠れてエロ、見つからないドキドキなど、
ゲームそのものがエロに成るように頑張ってます。


しかし隠れてドキドキしてばかりだと
暴れまくりたい!とストレスが溜まってしまった時の為に(?)
ガンガン敵を倒したい!
ガッツリバトルを楽しみたい!という時の為のバトルモードも作りました!

戦わなければ生き残れません!

マップ
PIC-2014_03_1820s.jpg
今回の作品は
キャラクターモデルがリアル風なので

背景のマップモデルも
光や影が作り込まれた
比較的見栄えの良いモノがストックの中から選ばれてます



しかし・・・

このゲーム用に作られたマップじゃないので
隠密で隠れたりするのに不向きだったり

ゲームシステムに合ってない部分が


これもモデル同様に
今の環境では使えないソフトや技術が多数盛り込まれているので
ロストテクノロジー・・・再生産不能な遺品の数々です

新しいマップを追加したり
ゲームシステムに合った形に修正したりが出来ない


これ2007ですよね…
XP調達してこないと

簡単操作!
PIC-2014_0412s.jpg
移動はWASDですが

直感的な操作を目指しています。
使うのはキーボードのWASDとマウスだけ
ほぼ全ての動作が可能な様にしています。

この辺、作者はゲームを作りながらやり込んでいるので
もう少し使用するキーを増やしたり複雑にした方が
自由に動けたり選択が増えてやり易いと考えてしまうのですが・・・

多くの方は、初めて操作するエロゲーで
独自の操作方法だったり、難しいルールを覚えたり、
操作の部分で苦労して習熟に時間が掛かってしまうと楽しさ半減だと思うので
初めてでも直感的に動かせる、という部分は拘った所です。

判り辛い部分や、操作や次に進む為に特別なアクションが必要な場合は、
画面に説明を表示するなどしてマニュアルを読まなくても
Hまで進める様にするのが目標です。

新!射精システム
今回は放物線で飛ぶ新型射精を搭載しています!(笑)
PIC-2014_1128.jpg
これまでは処理負荷の関係で、
(特に接触判定が重たい為…)
直線的にしか処理できなかった精液ですが…

今回は放物線機動を描いて跳ぶ
新型のブッカケスペルマを実装しました。

今回のキャラクターモデルは
従来作品と比較しても超高密度ポリゴンである為
処理速度的にはタダでさえ不利なのですが
そこで更に処理の重たい放物線の接触判定を組み込み
更に更に!従来は表示だけのダミー精液と接触判定のある実物精液を
混ぜて出していたのを
純度100%の全精液に衝突判定を組み込むという倍倍々プッシュで
超高密度処理負荷へのチャレンジです!!
でもご安心下さい!!
処理ロジックを改良する事で負荷の増加は最小限に…納まってる筈です!

昔作ったものなので・・・
サークルの方針としては
不利な情報も出して
良い所も悪い所も知って欲しいというのがあります

関わってくる人数が増えると
一存で問題失言出来なくなってしまいますが(笑)

今回の作品に関しては
ゲームシステムもモデルも古い物なので・・・

ハードル下げる訳じゃないですけど
高望みとか期待されても申し訳ないので
新しい技術やアイディアやご意見を取り入れた物では無い事は
ご了承頂きたい所です
合体メニュー
女の子に襲い掛かって何をするか選ぶ「合体メニュー」です。

簡単操作にしたい!
のと
色々な沢山の行為をしたい!
というのを両立しようと試行錯誤し、メニューも色々な方式が検討されました!


●一覧メニュー!
PIC-2014_731327.jpg
順序が逆ですが、一番最後に作られたメニューです。
行為に至るまでに、暴行やオサワリなど面倒な過程をスっ飛ばして
直接選べたら自由度が上がって楽だと思い、
安易に行為をアイコンで一覧の中から選ぶという
ゲーム性も糞も無い仕様に成りました!

本当に本番以外がゲーム的に意味が無いので
コレが最初から使えてしまうと破綻してしまうのですが
制限を付けるのは嫌いだけど、本当に制限が何も無いとそれはゲームなのか?
人は何故ゲームをするのか?
そもそもゲームとは何なのか?
妙な事を考え始めて悩んで泥沼のメニューです。


●リングコマンド!
PIC-2014_8561351.jpg
最初に検討されてたメニューです。
リングコマンド方式で、見た目だけです。
なんか見た目がカッコよくてゲーム的にカッコイイと思い見た目だけで決めました。

女の子のダメージとか快感とか状況に応じて現れるコマンドが変化し、
様々な行為を行なってゲームを進行させて行くという
当初のゲームプランに基いた無難なメニューです。

暴力で屈服させるか、快感を与えてメロメロにさせるか
コマンドを選びなおす間に、ダメージが低かったりすると逃げられたり
攻略する順序で戦略的な選ぶ行為に意味を持たせようとした部分です。


●ランダムメニュー
PIC-2014_7298434.jpg
ランダムでメニューが現れます。
個人的には、ゲームの進行にランダム性を持たせるのは余り好きでは有りません。
完全にランダムに見せかけて実は裏で調整してたり
プレイする側が戦略を練って攻略してるのに
与えられてない情報や運の要素で結果を左右してしまうのは
ゲームクリアに対するモチベーションを著しく損ねて楽しさを奪うと思うからです。

ランダムを使う事が完全に駄目ではなく、使い方だと思っています。
状況に応じて予測できる、選択的に現れるランダム
またランダムに与えられた情況から、プレイヤーが任意に選択出来る
最終的な決定権はコチラに与えられるランダム方式である事が望ましいと思うのです。
例えばポーカーはランダムですが、配られる札の枚数や、傾向は状況から
予測が可能であり、
また、与えられた手札から選ぶという選択肢があり、ランダムだけでは結果が決まらない
プレイヤーの意思の介在する余地がある事がゲームを面白くしています。



っというのも
色々有って製作期間が予想以上に長くなってしまい
あと少し時間あるから追加しよう!と、少しずつ改良して追加増設した関係で
何とも設計者のプライドをズタズタにする欠陥リフォームっぽい感じに(汗)
最初からコレだけ時間を掛けるならもっと根本的に規模に見合った設計にするべき
だったのですが・・・

ここまで時間を掛けたなら、
どうせなら、あと少し時間を掛けてもっと良くしよう!っと思ってしまうのが
悪い癖です。
直すとしたら、一番直したい部分は合体メニューですね。
アクションゲームの流れの中で、項目からマウスカーソルで行為を選ぶのが
あまりスムーズに見えなくて
どうにも自分的に納得出来てない所なので・・・
モブ歩行者。ポリゴン
PIC-2014_1006.jpg
今回はキャラモデルはリアル系のハイポリゴンです。
しかし、
ゲームシステムはDF40なので敵キャラは動作負荷を重視した超ローポリゴンです。

コンセプトの異なるシステムを抱き合わせるという
ある意味本末転倒な・・・
しかし思想やコンセプトばかり重視しても
自分の中で制約を増やして壁ばかり作ってしまっても良いモノは作れないと
もっともらしく聞える言い訳を並べてます。

昔作った物なので色々チグハグな部分も出てきてしまいますが・・・
作者としては歯がゆい部分も有りますが
ここに労力を注いでも余り喜んで貰えないだろうという
割り切り部分でも有ります。

リアル系
PIC-2014_03_078_s.jpg
実写的というニュアンスではなく
あくまでアニメ系との差別化の意味でリアル系という言葉を使っています。

ガンダムがスーパーロボットと比較して
リアル系ロボットと呼ばれるのと同じ感じです。

写真と見間違う方向性を目指しては
何所まで行っても実写には及びませんし
その方面では処理負荷の大きいリアルタイム3Dでは不利になりますから・・・

実写のグラビアでもフォトショップが求められる昨今!
魅力を増すように適度にデフォルメしつつ、
今までのアニメ系とは違った魅力を追求したリアル系モデルを目指しています。

作品規模!
公表してから発売までの日が浅いですが
完成優先の作品として紹介しましたが、
作品の規模としては小規模の物では有りません。

モデルは以前作った物を、今回の作品用にリファインして
追加モデルも加えていますので、カスタムの規模としては
痴漢鉄を上回ると思います。
(当サークル最大、と謳えないのは魔王さまや、ちょっと何かの手違いで
 膨大な数を作りまくったアレとか色々比較するには規格外な物があるので…)

ゲームシステムも、本来はDF40用に気合を入れて作っていた物を使うので
間に合わせのシステムではない事は倍プッシュです。

流用の話ばかりですが、
コレに加えて、水面下で進めてきた開発期間が相当にありますので
当サークル基準で言えば過去…4?…6番目くらいには
大規模な作品に成る予定です。
FPS?
2014_04_03-s.jpg
PIC-2014_05_08-06_04_29_s.jpg
FPS的なと表現しましたが、紹介用の画像では
主人公の姿が見えてるシーンが多いのですが…

以前、主人公の姿が見えている状態のゲーム画面は
FPSではなくTPSだと教えていただいたのですが、
今回のゲームは
主人公の目線「主観視点」と
主人公の姿が見える「三人称視点」を
操作によって任意に切り替えられます。

そもそもシューティングなのか微妙な所ですが
あまり細かく考えても面倒なので、FPSっぽいゲームと言っちゃいます。

ハイポリゴン
PIC-2014_03_39_Hi_s.jpg
今回のモデルはハイポリゴンです!

過去作と比較してもポリゴン数重視で
元々はLightWaveでプリレンダ用作品を検討していた時に
作られていたモデルの改良型です。

その代わり、アクションゲーム作品のキャラクターとして使うには
少々処理速度が心配な所ですが・・・

従来、当サークルの作品はローポリで動作速度を重視してきましたが
ハイスペック路線に転換した訳ではありませんが
様々な方向性の表現を模索する一環として
今回はこの様なモデルを採用してみました。

FPS+エッチ
PIC-2014_04_27_31_s.jpg
FPS形式の操作性と、ご褒美ではない何時でもエッチの
同形式のゲームは長年提唱し開発を続けてきたが
今となっては目新しい物でもなくなってしまった感もありますが・・・
やはり好きなジャンルのゲームですし

今回はモデルを使用する事が先に決まって
作品形式としては開発コストを抑えて、モデルを見せるだけの
モーション集みたいな形式も検討したのですが
どうせならゲームにしたい!と

それで、同じく未公開のまま眠っていた
DF40の基本システムを流用する事で
理想系の完成形には届かなくてもゲームとして形に出来ればと思います

複数の作品を同時に開発する
複数の作品を同時に製作するという開発手法を小耳に挟みました!

製作に集中し過ぎると視野狭窄に成ってしまい
離れて気づく事って有りますよね。

発売後の反省会で
「なんであんな所に時間を掛けてしまったのか」
「アレを盛り込んだほうが良かった」
っと思う事があります。

その後悔とモチベがアップデートに回ってしまうので
益々作品のリリーススパンが空くのですが…

2作品を平行開発出来れば上手くコントロール出来るのかもしれません。
私は2人の女を同時に愛する事が出来ないので…

1つの作品に情熱を注げば高い集中力で凄いスピードが出るけど
道を間違って迷ってしまう危険がある…
2つの作品を同時に作れば冷静に地図を見て正確に進めるけど
情熱が薄れて集中力が下がりスピードが落ちる危険がある…
バランスが難しい所ですね。

上記とは別に、根本的な問題として、複数作品を同時に作ると
1作品の製作開始から完成までに掛かる期間が長くなってしまい、
ブームが終わってしまったり、世間の情勢が変わってしまったりするリスクも
高くなる部分も問題に成りそうです。
ただでさえ製作が遅いウチの場合は特に…

ゲームの方向性
FPSスタイルのゲームです
2014_04_03-s.jpg
3D空間で暴れまわって
女の子を追いかけて襲いかかります

クリア後にHモードに突入するのではなく
ゲーム中に任意に女の子を襲ってHが出来る感じです
製作期間
実は、今回の作品は、かなり以前から極秘で作ってまして

なかなか製作時間が思う様に取れず
何時頃完成するか全く目処が立たなかったので…

製作中のDF51を断念してまで、
完成優先の作品に切り替えて、その挙句に完成しなかったら余りにカッコ悪い…

時間が厳しい事もあり、ブログの更新は控えて
ある程度目処がつくまでは極秘で進めようと

今回、ようやく完成の目処がつきました
既に作品自体は最終段階に…有る筈です

肉棒無双 (紹介)
RJ144234_img_main.jpg

リアルタイム3DでTPS操作というとウチと近い部分も有るので気に成る作品です

造型は、見たことあると思ったら老舗のディーゼルマインさんです
3D作品は始めての様ですが、うろ覚えで勘違いかもです
そうだとすれば非常に近視感のある流行ラインなのかもです

> 肉棒無双 (DLsite.com)
> http://www.dlsite.com/maniax/dlaf/=/link/work/aid/groe2/id/RJ144234.html

モデル
page06_PIC_20140400.jpg
今回のモデルは
本作品用に専用に作られたモデルではなく
過去ストックからの、平たく言えば流用品です

元々はサークル公開作品用として作っていた物では無いので
モデル番号的にも微妙な数字がついています。

ボツになった
経緯に関しては今更
みなまで言いません

ドコかでご覧になった方もいらっしゃるでしょう

当サークルが路線変更を模索した時期に…
まだモデルの自主制作を諦めてなかった頃に
技術力アップや、様々な方向性を探る為に
試作された物のウチの一体です


流用=手抜き、ではありません

今回の企画は短期で完成させたいという苦し紛れの面も有りますが
過去に日の目を見なかったモデルに
活躍の場を!、との思いも有ります

つまり自分としては自信作の娘です