カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
背景、男性、不要論
黒歴史は女性モデルに留まらない
男性モデルこそ、作者のポリゴンに対する思想が垣間見える部分である

nikki20050108_881.png
  女性側のポリゴンが増加する一方
  男性側は削減されていき、遂には人の形すら失った


この頃の作品は、背景や男性モデルのポリゴンを削り始めている

一時期の作品は過去のものより更に節約する為に
増やすどころか減らす有様であった

nikki200408_47.png
  仮面ライダーとかに嵌っていて、好きな作品の影響を受けて
  敵や戦闘用のキャラもソコソコポリゴンを使っていた


PIC-2008_3_45.jpg
  敵なんか遠目に見てアップに成らないからこれで十分ジャネ?
  と思い始める


PIC-2008_93_.jpg
  エロ以外の部分はバッサリ削られスプライトに・・・
  最早立体でさえない



最終出力の仕様が重要で
見えない所に拘っても、自己満足でしかない

VGAの画面に全身を映した時を基準

この時点で見えないモールドは
拘りではなくデッドウェイト、という解釈である

アニメーションして
動けば更に細部は見えづらくなる

10倍のポリゴンを使えば、10倍見栄えが良くなるかといえば
そうとは限らない

逆に、10倍使えば確実に10倍の負荷が掛かる
その分、他を削ったり、
端的に言えばFPSが10分の1に成ったりする

背景や男性キャラを、僅かばかし見栄えを良くする為に
30フレームが、秒間3フレームに落ちてしまったら
エロ動画としては致命的である

それよりも、オッパイがプルルンと滑らかに動く事の方が
仕様としての優先順位が高い
お別れでは有りません!これは新しい船出なのd
あおーげばー
とおーとしー
わがーしのー
おんー

デジパレと聞いて何を連想するでしょうか?

老兵?弱小?おわコン?産廃?空気?

・・・いいえ、違います

間違いなく二番手
永遠の2番手
緑の2Pカラー
ルイージ
メガドライブであり
セガサターンであり
ドリームキャストでした

業績赤字を回避する為にまだ勢いのあるうちに早々に終了宣言して
シリーズ終了したり事業から撤退したりするどこぞのメーカーとか
好成績を納めているタイミングで引退宣言してしまうアイドルやスポーツ選手も多い昨今・・・
完全に期を逸し流れを掴み損ね見も心もボロ雑巾の様に成りながらも
最後まで戦い続けた姿に涙した人も多かったと思います

長きに渡る同人ダウンロード販売サイト戦国時代
その歴史に名を連ねる戦士達の中でも、一際光り輝く希望の星
DLsiteの天下統一を阻むべく、常にライバルであり続けたヒーロー

いつか彼らは帰ってきて
再びこの世界を救うのだという・・・



だが
黒歴史・開発ツールの性能が戦力に及ぼす影響
MSの操縦技術を磨く事が重要か?
それともMSの性能向上こそが優先か?
二兎追う者の行き着く先とは・・・

PIC-2008_4_1_Ver2.jpg
この頃は、まだ、ワイヤーフレーム表示機能が無かったので
ポリゴンの変形を確認する為に
直接、メッシュの材質を変えて肌に模様を付けています


道具の性能が戦力の決定的な差では・・・

いえ、正直、開発に使用するソフトの性能はかなり重要であると感じています
すぐに面倒臭い、努力・我慢で何とかしよう、と考えるのは悪い癖です

しかし、一方で、プログラマーという人種は、
「何でもツールを使って、効率的な作業をしようとする癖がある」とさえ
言われています

人海戦術でパワープレイ出来る局面でも、
効率を重視するあまり、短期作業の為の専用ツールを開発し、
作業自体は高速で終了したけど、開発時間まで計算に入れると足が出ちゃったね(笑)
みたいなミスを笑顔で武勇伝してしまう悪い癖があるのです



胸の形は、綺麗な揺れを実現する為に、
重力ゼロの状態でモデリングして、実行時に垂れ下げる方式なのです

直立時にどんな形に成るかは、何度も変換して画面で確認して微調整するのですが、
従来ではこの作業に、モデルコンバートして出力して、
スクリプトを書き換えてファイルを入れ替えて・・・と結構な手間がかかり、
モデル調整→画面確認に数時間、下手したら日単位掛かるなんて事がざらだった為、
微調整する時に前の状態の感覚を覚えていなくて、イメージで編集するのが
大変な作業でした。

モデル開発環境も今では大分改善してきていて、
開発環境の充実が、モデル技術の向上を促し、結果としてモデルの品質も上がる
・・・と良いのですが

環境が良くなっても、それは単に足かせが外れて本来の状態に戻ったに過ぎず、
モデリングの腕その物が上がった訳ではないのが辛いところです
ジュエルペット
日曜の朝にコレを・・・
エンディング中とか絶対入って
リニューアル
ちょっと奥さん!ノベルメイドがパワーアップですってよ
まぁいやらしい
黒歴史・ボーイミートガール
昔の日記
黒歴史
この頃は肉感に拘っていたのですね

PIC-2008_4_5-1.jpg
リアルタイムだと、どうしてもポリゴン数を節約したくなります

もしかしたら、この辺り、分業だと割り切れるのかもしれませんが
プログラムとモデルを両方作っていると
価値観や思想が単一方向に走りやすくなる気がするのです

例えば
「プログラムで苦労して負荷を減らして高速化した」
 ↓
「あんなに苦労したのにモデルの負荷を増やすなどとんでもない!」
みたいな感じで

コレが、複数人が関わるプロジェクトの場合、
それぞれの価値観や、重要だと思ってるポイントが異なって
それが上手くミックスして化学反応を起こし、よい作品が出来る事があるのですが

(しかし、その場合、ミックスに失敗すると爆発して
 プロジェクトが頓挫するのですが・・・)



兎に角、この頃は「価値観を変えよう」と思っていて
無理にでも別の発想をしようとしていた時期だった気がします

プログラム側に立った視点からモデルを設計できるのは、利点では有るけど
そのせいで、無意識のうちに優先順位をつけてしまって
制限を増やして不自由なモデルに成っているのではないかと

自分の好きに、自由に作れば作るほど不自由に成る
一度全部捨てて、裸になって、もう一度別の事をやり直そうとしたのです



そうやって別の物、新しい物を目指した結果、
ローポリでは表現が難しい滑らかな曲線や、凹凸やRの多い
肉々したブヨブヨのメタボボディこそが嗜好であると言う
素晴らしき新境地を切り開く事に成功したのでした
黒歴史計画
過去の思い出を振り返ろうというコーナーです
過去に捕らわれていては前に進めないとか
失った過去の栄光とかにしがみ付いて縋って生きて行く訳ですね


過去の否定とか、今までと違う手法、
新しい事に拘り過ぎても良くないだろうと言う事で

過去を知り、己を知り、冷静に見つめ直す事で
進むべき方向性や立ち位置を
もう一度、客観的に考え直そう、という訳ですね
モノは言い様ですね

そんな訳で黒歴史を紐解いていく誰得新コーナーです


昔のモデルって微妙ですね
過去の黒歴史というか

実際は、本人が思ってる程、急成長も技術の進歩も無くて
単に見る目が肥えたとか、好みが変化してるダケだったりするので
過去比較とかやってるのを傍から見ると
アイタタタな事に成り易いんですよね

成長の場合は、まだチョット痛い程度で済みますけど
露骨に特化して劣化してクリーチャー化してたりすると
もう見るに耐えませんけどね

PIC-2007_7_18-ロリ試作
この頃はスレンダー少女を目指したんですかね?
すみません、聞いても判りませんよね
私もわかりません

ポリゴン美少女は、胸を揺らしてナンボというか
表現力で実写に劣るアニメやポリゴンは、胸を大きくして揺らす事で
女性の魅力をアップさせる理論なのですね

これは、漫画で少ない線でキャラクターを表現した時に、
人物が記号化されて目が大きくなったり、表情がデフォルメされるのと同じ理論で
女の子はボンキュッボーンして巨乳化するのがリアルタイムポリゴンの定石だ!
とかのたまっていた過去を反省し、もう一度原点に立ち戻って
成長過程の十代前半美少女を目指すべき計画の最中に規制強化にビビッてお蔵した
ボツモデルを、もう一度原点に立ち戻ってリメイクしようプロジェクトの最中に
試作モデルをDF仕様にリメイクしてコンバートしようとしたみたいですね

黒歴史ってキーワードは確か∀ガンダムだった気がしますが、
今ではすっかり消したい過去、見られると恥かしいノート的意味合いですよね

過去の否定
ゼロリセット
こうして振り返ると、同じ失敗を繰り返して初期化
また忘れて経験を覚えてない為に悲劇が繰り返しリバイバル聖バーが抜けちゃうらめぇぇ
である事が客観的にも明らかですね
勉強になりました
調教クエスト(紹介)
リアルタイム3Dでゲーム物と言えば、そこに鼻ゲー(改)
さんの存在を忘れる日は一秒たりとも許されざる!

RJ043994_img_main.jpg
> 調教クエスト (DLsite.com販売ページ)
> http://maniax.dlsite.com/dlaf/=/link/work/aid/groe2/id/RJ043994.html
3D調教ダンジョンRPGですよ!

チョウゴウキンデンタルさんの所も
リアルタイム3Dでなにやら凄そうなモノを作ってる模様
Sexy3Dさんも最終的な目標はMMORPGらしいし
今年はラッシュ来るんじゃないの?
リアルタイム3DエロRPGがっ!!
撮影に使えるマップを追加
ゲーム用の地形データーをいくつか
追加マップとしても使える様にリファインしてみました

本当は、公開まで貯めておきたかったのですが
肝心のゲーム本編が何時までたっても公開の目処が立たないので
このまま風化して化石化して過去の遺物と成ってしまうよりは
出してしまおうかと

ポーズエディタの背景読み込みから利用可能
どれもDF40を代表する地形(に成る予定だった物)です


PIC-2011_6_17a (2)

PIC-2011_6_17a (1)

PIC-2011_6_17a (4)

PIC-2011_6_17a (3)

サイドストーリー
エロをアピールする為には、ストーリーが~の
前回の話の続きですが

個人的には、ストーリーではなくバックストーリーが重要なのです!

刻命館や影牢の場合には、
ストーリーを積極的には見せようとはしていない部分が
良かったのではないかと思っています

開始前のデモ、遭遇時の台詞、死亡時の断末魔、
ゲーム中のステータス情報画面や、
ステージクリア後のリザルト画面で、ちょこちょこっと語られるお話
パズルを繋げる事で紡がれる、彼らの人生のストーリー

ストーリー本編に然程重要に絡んでくる訳でもなく、
気にしない人は本当に気付かないかもしれない程度の存在
まさに、ゴミの様な命!
見ようとしなければ見る事の出来ないゴミクズどもの人生!

これが、さも、壮大な被害者の悲劇のストーリーとして語られて
飛ばせないメッセージ画面でノベルゲーム風に読まされていたら
この感動も興奮も無かったのではないかと

自分がゲームクリアのために、もしくは得点の為に踏み潰したムシケラの人生
見えない時には絶対に見えない
でもいざ見ようとすれば、ソコには敵1でもなく得点源でもない
彼らの生きた証が、人と人との繋がりが、残骸となって転がっている的な

あぁ・・・書いてて自信が無くなって来ました
なんだかコレって凄くニッチな需要な気が・・・
起動メニュー
試作版を見た方にはお気づきかもしれませんが
起動時に最初に出てくるメニューが新しくなっています

従来の試作版では、exeを起動した時に
実行可能なシステムが複数混在している場合は
イニシャルメニューが表示されていました

DF37痴漢鉄や、DF39、DF40やGBO2などの環境が混在している時、
どの作品のメニューを開くか、最初のメニューで選ぶという訳です
パソコンのマルチブートみたいな感じですね

カスタムのアイテムや、旧作が複数混在する場合、
どうやって上書きして環境を共存させるか悩んでこの様な形式にしていたのですが、
互換性や利便性の問題もあり、何より起動直後にメニューで作品を選ぶというのが
少々ダサい感じがして何とかしたいと思っていました

新方式のカスタムで調整した後に、旧作をプレイする時など、
再起動の必要があってこの辺の利便性も悪く、
また、新作でポーズエディタが改善されても、
旧作中では使用できなかったり、互換性の問題が生じてしまったりと
色々デメリットもあったのです
PIC-2011_6_16-21_52_5.jpg

そこで、新しい起動メニューでは
カスタムやポーズエディタなどの、共通して使える部分を抜き出して
作品のコンテンツを直接トップメニューから選べる方式になっています

この方式では、順次コンテンツを追加できるのが特徴で
作品のリリース順に関わらず、HPからダウンロードして
任意のコンテンツを自由に組み合わせて構成できるのも魅力です

アイコン選択型のメニューに成っているので、従来式のメニューと比べても
視覚的にも華やかです
PIC-2011_7_427.jpg
Androidタブレットや、iPadっぽさもありますね
作者としては追加シナリオのシステムの延長なのです
追加シナリオは余り活躍しませんでしたが・・・
試作中の機能など、本格的にメニューやプログラムに組み込む前に
一時的に追加シナリオのメニューに組み込んでテストするのに便利だったので
この構成をそのまま利用してトップメニューにしてしまおう、と思った訳です

こんな訳で作品のコンテンツ拡張性に関しては準備万端!
・・・な感じに整いつつあるのですが

肝心の中身である作品自体が揃わないと話しに成らないので
今後は其方の方もガンガン進めていかねばなりません
リアルタイム+3D+RPG+カスタム
これは・・・クル
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14681177



ゲーム画面の話
ADV風の画面で
ヒロインの女の子が画面中央に大きく表示される視点が理想

画面は極平凡なメッセージ画面の構成なのだが、
クロノトリガー形式で、メッセージ中にも主人公は自由に動き回りたい

肝心の女の子グラフィクスは、アクションゲームで小さく表示されても物足りないし、
主人公の目線で女の子を見たい、と言うのが一つの目標でもある

ADV風の画面で、しかし操作はコマンドで選択肢を選ぶのではなく、
アクションゲームっぽい感じにして
主人公は移動したり、様々なアクションを行なって
ソレに対するヒロインのリアクションを、この視点画面で見て楽しむ
っという訳である



PIC-2010_7_13-10_9_33.jpg
■三人称視点
主人公の姿が見える視点も付けたくなる欲張りぶり

しかしキャラクターや背景は、この視点用に作ってないので
見えてはいけない物が見えたり、盛大にめり込んだり


UV
プラグインで楽勝、とか思ったら・・・
左右対称にして使う事しか考えてなかったので

背中側の、左右に開く部分が、x0を挟んで左右に頂点が跨っている面があると
上手くミラーリング出来ない見たいですね

所詮その場しのぎの内部作業ツール
余力があればそのうち何とかしたいです
今、世界は大きな選択を迫られていてリニュ
ちょっと奥さん聞きました?
DMMでもDL数が表示されるんですってよー

まーいやらしー
顧客が本当に必要だった物←「いやっ、だって、仕様書に・・・」
そりゃね
思ったよ
何か違うんじゃないかな・・・って

でもさ
自分、不器用だから
こういう生き方しか出来ないから

だから仕方ないじゃん
最後までやってみるしか


PIC-2011_6_6-0_16_58.jpg

魔法エンジン
PIC-2011_6_5-11_51_59.jpg
前から気になってたんだが、
魔法で火を起こして熱で相手にダメージを与えるんだから
熱エネルギーだよね?
だったら物理ダメージなんじゃないの?
まぁニュアンスとしては判るけど

物理エンジンってなんぞ
リカちゃん人形
110604_a.jpg
> http://www.amazon.co.jp/dp/B003VPX8W8
どっちかってとジェニーの子孫なんですかね

着せ替え人形的な外見カスタムは
ワタクシ的には琴線に触れる部分があります
女の子をカスタムするの大好きなんですよ

しかしタカトミ広報部脅威の写真技術
実際の商品は画像とは多少異なる場合がー
過去のモデルも互換性は維持する方針です
折角作っていただいたモデルなのですから、なるべくプログラム側の対応で
表示出来る様にしたいと考えています。

一見簡単そうに見えるのですが、実は根が深くて
昔の処理に戻すだけ、みたいな単純な話ではないのです・・・(涙)

モデルが悪いみたいな言い方になってしまって恐縮ですが。
現実問題、今まで偶然うまく動いていただけで
一部の環境ではエラーになるか強制終了していたと思います。

定義の領域の確保に失敗してる以上、メモリー内の一部が破壊されてますので、
その場で落ちなくても、時間経過や他の機能を触った際など不定のタイミングで
痴漢鉄が落ちていたのではないかと思われます。

従来は「作者が頑張って間違ったモデルを作らない」方針だったのですが、
ユーザーさんにモデルを作って頂くと言う事まで配慮が及ばず
今回、ソフトの安定性を高める対策として、これらのエラーチェックを
多少は強化しています。

エラーチェックを強化した結果、今まで運良く動いていたチョット危ないモデルも
動作しなくなった、と言う訳です。

上記の対策版も、従来の仕様をベースに差し戻した程度で
改善と呼べるものではなく、根本的な問題の解決には至っておりません。

今チョット別件で立て込んでるのですが、出来るだけ早く対策法を考えます。