カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
新キャラクターの方向性
モデルがまだ納得のいく物が作れて居ません。

痴漢鉄が、当サークルとしては過去に無いほどヒットして
幸運にも本来の実力以上に高い評価を頂く事が出来ました。
正直、今後もうこれ以上の結果を出す事は無いと思っています。

あとは、どれだけ満足できる作品を作れるか、
恥かしくない品質の作品を作りたいと考え、
主にモデリングの向上などを目指して来た訳ですが。

システム面は(あくまで当サークル従来品比較ですが・・・)
ソコソコ充実してきたかなと思っています。
しかし肝心のモデルに関しては未だに迷走中なのです。

ミスタF氏も言ってましたが、自分の好みで作っていると限界を感じます。
しかし好みでない物を作っても良し悪しの判断が付かず、質を高めるのは難しいのです。
小手先の技術ではなく、自らの価値感やセンスの基礎から磨き直す為には
眼鏡を捨てるだけの覚悟が、今の私にはまだ足りてないのかもしれません。
全人類を萌えメガネッ娘化計画を捨てて、メガネではない世界を、いえ・・・
仮にそれが成し得たとして、その先にある未来に一体何の価値があると言うのか!?
我々の進むべき道は、その様な安直なものであったのか?
あれから私達は多くのメガネッ娘に出会い、そしてその大半がメガネを外し我々を捨てて
去っていきました。いえ、彼女は旅立ったのです。それに付いて行けなかった私が弱かっ
ただけかもしれません。しかし、世界の流れが必然だとしても、私が感じたメガネへの情
欲は単なる刹那の幻想ではなかった。それは確かに私の心を動かしたリアルな感情だった
筈です。それなのに、世界が私を否定するのならば、私はこの世界をリフォーマットして
コンタクトレンズに代わる新たなメガネの魅力を光と構築せんが為に、その可能性を一人
でも多くの瞳に宿す為に作品を作っていたのではないだろうか?

ならば、やはり、メガネが正義か