FC2ブログ
カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ワイド画面の弊害
PIC-2009_1_17-206.jpg
現在はカスタム画面のリファイン作業しています。

プレビュー時のモーションも新しくしたのですが、
モーションを変えると視点の位置が合わなくなって、
カスタム時の画面移動も再調整する必要が出てきました。

それで画面の位置合わせを行っているのですが、
今回カスタム画面を新しくしたり従来のメニューも残したり機能が増えた分
画面の数も増えてチョット混乱気味です。

モーションが変わってキャラクターの位置が変わったので、
それにあわせてカメラの位置も調整をしなければと考えていて、
しかし調整中に位置がどうしても合わなくて、おかしいと思っていたら、
画面の設定をワイドモードにしていた事に気づいて、
通常時とワイド時で画面項目とキャラの位置関係がズレル事に気づきました。

3D表示のキャラクターは、アスペクト比の変化にあわせて
縦横比が変更されてデブになったりしない様に左右に領域が追加されるのですが、
画面項目は枠にあわせて表示されるので、メニューでの画面項目とキャラクターの
位置関係は画面設定によって変わってしまいます。

これはもう、多少ズレてしまうのは仕方が無い事と割り切って、
なるべく伸縮の影響を受けにくい中央付近に配置するしかなさそうです。