カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Eモーション

作品紹介

爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
新兵器投入(予定)
先日マルチコア挫折のお知らせ(笑)をやったばかりで前向きなニュースを
・・・探したけど見付からないっ!!

新技術であるマルチコアとか(←今作では断念したけど、そのうち何とか的な意気込みで)
他にも新機能とか、あと今回一番作りたかったプレイするゲームの部分とか、
ソレ以外にも今回作品を強化する名目で導入しようと目論んでる新しい兵器があるのです。

まだ予定の段階なので、失敗した時の保険として
(マルチコアの時みたいに検討したけど失敗しました的な展開を避ける為に!!)
その兵器の全容は最高機密としてトップシークレットなのです。

じゃぁ言うなよ的な突込みが脳内で鳴り止まぬ所ですが、
コレが量産のあかつきには連合軍など・・・あれ?この台詞って駄目なパターンなんじゃ
GTAのエロ化について
今年の初め頃にこのゲームについて
ネットで話題に成っていたのを見つけて色々調べました。

プレイしてみると、自分が考えていたモノにかなり近くて
「あぁ、コレじゃダメだな」と思いました。
多分GTAを見なかったら、私はGTAを作っていたと思います。

(GTAが面白くないゲームだって意味じゃないですよ)
(あのゲームのキャラを美少女に置き換えただけの物を作っても駄目だろうし)
(ソレをやるんだったらGTAのMOD開発の方が良いですから)

今回私が手に入れたのがPS2版の最初のヤツなんですけど、
新作のプロモーション動画をネットで見ましたがグラフィック凄いですね。
(XBOS持ってないので、値段が下がった話を聞いてかなり迷いましたが・・・)

幸運にも、色々調べたのが今年の初めの頃だったので
開発の初期の段階で軌道修正出来たのは幸いでした。

射撃ゲームとか暴力ゲームとかグラフィクス面とか、下手にソッチ方面で頑張っても
もっと凄いゲームが一般向けのゲームで沢山出てるので
ソッチ方面では勝負にならないのです。

自分が戦わなきゃ成らないのは美少女戦士でエロ戦争なのだと言う事を忘れては
生き残れないのです。
面白そう
> ■さし絵スタジオ
> http://www.shusaku.co.jp/www/

MADアニメや面白動画を作成する際に、
個人でフルスクラッチビルドするのは敷居が高い。
音楽なり音声なり画像やアニメなどの、既存の素材を切り貼りして
使用しているのが現状だと思う。

思いついたネタを作品にして表現したいと思った場合に、
もっと簡単に実現する方法が欲しいと思う筈だ。
本格的な3Dアニメや素材を使用しなくても、
この様なソフトでイメージどおりの画像が作れれば
作品制作に役立つだろう。

改造やMOD文化など、既存の物に手を加えたり、
興味がある作品の一部のパートのみの製作を行うと言うスタイルが
認められつつ有るのではないだろうか。

っとか言ってみる。
最近動画サイトが流行ってるね。
流行に乗り遅れてるね。
新しいPCは動画のエンコード早い。
でもキャプチャ性能低い。
プレイ動画とか紹介ムービーとか色々利用法を考えるけど
使い方より作り方の方が問題だった。
マルチコアの性能を最大限に引き出す為に~
って言いながら暫く悪戦苦闘していたのですが。無理みたいです。

沢山の作業を1人でやるより、2人で分けてやった方が早く終わります。
単純に考えれば半分の時間で済みます。

ところが実際には、
作業を2人に分ける時間が必要で、作業が終わった分を集める時間も要ります。
2人が同時に終わるとは限らないので、終わった?って聞いて待ってなきゃいけません。
もし作業に必要な資料が一つしか無ければ、2人で交代で見る必要が有ります。
2人の机が凄く離れていたら、資料を借りに行くのに時間が掛かるかもしれません。
もし作業結果を一つの表に纏める必要があれば更に遅くなります。
理論的な理想値は2人で2倍なのですが、現実には1.8倍位が限界で
条件が悪ければ1人でやるより遅くなる事もあります。

60FPSでゲームを動かすには、少なくとも60回は
処理の分割とマッチングを行わなければなりません。
入力の受付や処理の結果を画面に表示する為に60回必要になるからです。
分割が一度で済むバッチ処理的な物であれば速度向上に有効ですが、
コンマ秒単位で処理結果が頻繁に必要で分割回数が多くなるゲームプログラムでは
速度を向上させるのが難しいようです。

ゲームに不向きだと言うのは10年以上前から分かっていた事なのですが、
最近のPCでは速くなるかも知れない!とか新しい高速化の手法があるのかも!?とか
淡い期待を抱いたりしたのですが。私にはハードルが高かった様です。
マルチコア
次回作に関しては非対応の方針になりました。

今まで何度か対応を検討してる的な事をブログでもお伝えしてきましたが、
色々調べた結果非常に難しい事が判り、対応を断念しました。

以下、駄文と言うか言い訳です;

デュアルコアに対応したアプリケーションであっても
単純に2倍の速度が得られる訳ではなく、
通常は1.2~1.6倍、最適化されても1.8倍程度が現実的な限界の様です。
仮に元のCPUパートが全体の20%を占める場合、
最大限に最適化を施しても116%までしか速度は上がらない事に成ります。

CPU処理がメインのプログラムで有れば、マルチコア対応で相応の速度上昇が
期待出来ますが、3Dゲームの最大の負荷は描画処理ですから、
CPU部分の高速化の恩恵が少ない事になります。

現状で、当サークルのプログラムのCPU処理部分を
2回計算する様にして負荷を掛けると3%程度遅くなりました。
つまり、この部分をマルチスレッド化しても、
理論的には最高で1.5%以上高速化出来る見込みが無い事になります。

しかし、実際にはマルチスレッド化に伴うオーバーヘッドや、
描画パートの効率低下などが加味されてしまうので、早くなるどころか
従来のプログラムに対して30%ほど速度が低下してしまいました。

非常に高度な計算が必要な物理エンジンを搭載しているだとか、
一度だけ分岐すればよい動画をエンコードするとかであれば、
別スレッド化して処理する事も有効かもしれませんが。
エロゲー的にはマルチコア化はメリットよりデメリットの方が目に付きます。

少なくとも私の技術レベルでは有効な解決策が見出せませんでした。
クリアすべきハードルが高く、得られる効果が薄い事と、
まだマルチコアPCがそれ程普及している印象が無い事、
当サークルのプログラムならマルチコア世代のCPUが載ってるPCなら
マルチコア対応させなくてもソコソコ動くだろうと言う打算。
当面は対策を先送りして、3Dエロゲーが対応し始めたら検討する事にしよう!
などと考えてます。
君が呼ぶ、メギドの丘で(紹介)
先日紹介した「闘神都市III」と合同キャンペーンを行っているソフトです。
戦闘画面や移動シーンなどに3D演出が使用されています。

アダルトゲームで、エロシーンに3D動画を使用した作品や、
リアルタイム3Dによるセックスシーンを再現したゲームもありますが、
この作品では、エロシーンは従来の2D的表現のスタイルを守ったまま、
その他のゲームパートを3D化すると言うアプローチを行っています。

「3Dエロ」を目的としたターゲット層以外を狙っているにも関わらず、
開発に(比較的)コストが掛かる(と言われる)3D表現を、
本来エロに不要(だと根強く主張する人も居る事で有名)なエロゲーで導入する事からも
ゲーム部分に掛ける本気度合いが窺い知れます。

既に一般向けゲームに置いて3D表現が主流となった昨今、
残念ながら3Dゲームと言う要素は然程アドバンテージと出来る物では有りません。
成人向けゲームに置いても、エロ以外に部分的に3Dが使用されているゲームは
前例が無い訳では有りませんから、特に業界初と言う目新しさも無い為、
販売戦略面で3Dゲームを購買力に結び付けるのは難しい気がします。

ソレでもあえてこのスタイルを採る理由について、個人的に予想してみました!

・製作チームに3D開発実績があり、生産方式が確立している
3D開発経験者のスタッフが大量に流入してきたので、
製作スタイルその物を新しく一新した!と言う線があるのではないかと思っています。
ヒット作を多数排出している有名メーカーさんですから、既存の開発ラインのスタッフを
一線から外して新しい技術に回すと言うのは考え難い事ではないかと。

・今後3Dゲームを主軸とする為の開発技術の蓄積
突然3Dゲームを作っても、既存のファンは付いて来てくれない可能性がありますし
経験の無い3D分野では苦戦を強いられる可能性もあります。
実績の無い分野へ突然参入するのではなく、既存の資産と技術を最大限利用しながら
新しい分野の技術も獲得する作戦ではないかと予想してみました。

・ユーザーに3Dに慣れて貰う為の布石
今回はエロシーンや重要なイベントシーンでは従来の2D表現が用いられるようですが、
戦闘や移動シーンではキャラクターも含めて3Dで表現されています。
これは既存のファンにも3Dキャラクターに慣れて貰う為の試みの様にも感じられます。

一般向けゲームで3D表現が主流と成ったとはいえ、
大半の成人向けゲームが静止画主体の2D表現を採用して居る現状では、
アダルトゲームはプレイするけど普段一般向けゲームをやる時間が無いと言う人など
今だ3Dに対して根強い抵抗感を持つユーザーも少なくないのではないでしょうか。

エロ3Dは一つのジャンルとして定着しては居るものの、既存の2D美少女とは異なる
完全に別ジャンルの表現として歩んできた感があります。
萌え3Dキャラと、美少女CG双方の要素を兼ね備えた「君が呼ぶ、メギドの丘で」
をプレイする事で、新たに3Dに目覚める人も多いのでは無いかと期待しています。

「君が呼ぶ、メギドの丘で」は2008年11月28日発売予定だそうです。
この日は「闘神都市III」の発売日でもあります。
あと「らぶデス3」も同じ日に出るらしいです。完全にノーマーク!
我が軍の諜報機関は寝てるのかと・・・(略)


> ■君が呼ぶ、メギドの丘で
> http://leaf.aquaplus.co.jp/product/megiddo/
闘神都市III(紹介)
戦うヒロイン系のゲームです。

3Dヒロピンの分野では桃月堂さんが活躍なさってますが、
私も戦う女の子系のシチュエーションは大好物です。

個人的には「健気に戦う女の子をブチ倒して無理やりレイプ!」がフェイバリット!
なのですが、女の子側の戦う事情や性格やら状況が多種多様に用意されている
闘神都市IIIは注目ソフトです。

このようはソフトが実際発売される事は、同じ嗜好の人間が相応に居る事を
実感出来ると共に、戦うヒロイン系のジャンルの定着を示す材料としても
十分に需要がある事を証明しているのではないでしょうか。
ネット上で話題に成る事でユーザーさんの意見が出てくる事も期待できますから、
作品制作を行う立場としてはジャンル活性化の期待と共に、情報収集活動にも
俄然期待が高まる所です。


> ■闘神都市III(アリスソフト)
> http://www.alicesoft.com/toushin3/index.html
マジまじマリジカルダイエット
サクラ容量拡大?
マジで?うおぉぉぉぉ!!!!

アレだけ心配してた容量も結局全然困ることは無かったけど
タダで貰える物は貰うのが生まれ持った野性の本能!
あ、でもポケットティッシュとインターネットモデムはもう要りません
すみません
カッコつけました
やっぱティッシュは下さい

サーバーのガソリン代も大変なこの不景気な時代に値下げだなんて!
ブルボンの中身が少なくなっている事に涙し
このままでは望まないダイエット強制執行の悲劇かと嘆いていた自分が
凄くチッポケなポケットを感じます
叩いても等価交換の法則で量は増えません
学炎合体モエバイン
またまた作品制作とは関係のない話なのですが。

FIG-COL-1091.jpg
> ■学炎合体モエバイン(あみあみ)
> http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/109788

美少女稼動フィギュアの素晴らしさについては今更語るまでもない事ですが
萌え系美少女のサイバーチックなデザインの女戦士モノとなれば注目せざるをえません。

なんと製作はガンプラや仮面ライダーで有名な業界大手のバインダです!
いやがおうにも期待が高まるってモノです。

なにしろバンダイの作った可動式美少女フィギュアといえば
「Q-JOYシリーズ」と言う偉大な実績があるので・・・
> ■Q-joy 涼宮ハルヒの憂鬱(あみあみ)
> http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/83472
美少女AIプロジェクト
今作ってるゲームには全然関係の無い話なんですが。

プリンセスメーカーとかワンダープロジェクトってゲームがあって、
自分の中ではソレが凄く印象に残っています。
結局やりこんでいくと、単なるパラメーター上げじゃん!
みたいに感じる部分も出てくるのですが、
コンピューターの仮想現実の中で自分だけのキャラクターを育てる系は
永遠の憧れです。

もっとクリエイティブに創作的な要素があって、学習型AIを搭載してたり、
自分だけのキャラクターを作り込んで行くゲームが出てこないかな~とか。
アーマードコアみたいにパーツをアセンブルしたり、
カルネージハートみたいにロジックを組み立てたり、
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。
ワイヤーフレーム
PIC-2008_11_6.jpg
これは開発用の機能なので、製品版では関係の無い話なのですが
マップの判定のワイヤーフレーム表示を作りました。

衝突判定用のマップデーターは、必要の無い部分は大胆にカットしています。
所々壁を抜けて行ったり、通れない部分があったり、
見た目上凸凹してる場所でも判定は直線で省略されてたりします。

今回、ゲーム的要素を色々増やしてしまったので、
“本来の目的”であるエロ以外の部分で負荷が掛かる事を避けたい為の軽量化です。
対戦ゲームなど些細な要素が勝敗を左右する場合では問題に成るかもしれませんが、
ソコまでシビアな難易度のゲーム性では無いので細かい部分はバッサリ切り捨ててます。
互換性
掲示板の方でも指摘がありましたが、今のDF40だと痴漢鉄で動かそうとすると
一部の機能が使えなかったりするんですよね。

「DF40の11月」不具合のある機能を切り離して「DF40の11月 for 痴漢鉄ver」
を製作すれば良いのですが、
今ソレを作っても今後開発を進めるのは「DF40の11月」なのです。
「DF40の11月 for 痴漢鉄ver」の方は新作用の機能を切り離している訳ですから
コッチをベースに開発を進める事は適わない。
つまり今後「DF40の12月」を作った際にはまた、同じ切り離し作業を行って
「DF40の12月 for 痴漢鉄ver」を毎回作るのは大変なので、
ソレまでは機能限定版って事で押し通して、互換性版は新作完成時に一度だけ作ろう
って事にしようと思った訳です。

互換性を維持する為に苦労して作業が遅く成るよりは、
新機能を見せびらかしたい気持ちを抑えて新作製作を重視しようと言う思惑なのですが。
思った以上に開発が進んでいなくて、新作の完成が何時になるか分からない現状では
正直その判断で良かったのか不安に成りつつあります。
直ぐにいい顔しようとして失敗するのがお約束と言うか(汗)
HENTAI-BOX
firstpainさんのノテにネタで名前を使って頂く事があるのですが、
その際のイメージ画像に頻繁に使用されるのが黒依先輩です。

>黒依先輩=モデルは勝手にgroeさんを想像
って言うか脳内でもそういうイメージだった訳ですか(笑)
つまり私のイメージは・・・
幼く無力なか弱い女の子を誑かして、エレクチオンしたヴォルケイノを
Go!でIn!してハッスルする事に性的興奮を覚える様なHEN☆TAIって訳ですか!

Exactry!
その通りで御座います

PIC-2008_11_1_電話ボックス2
周囲から中身が丸見えの箱
冬でも暖かなプレイポイントです!
掲示板スパム
最近また増えてきたような・・・
スレッド記事のレスとして投稿されたパターンは始めてかもしれない!
新しい!進化してる!!