カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Eモーション

作品紹介

爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
時事のニュース
■firstpain首相来日!
firstpain首相は来月行われるコミックマーケットへ出席する為に日本を訪問する予定。
同会合では各3Dサークル間でエロスに付いての協議が行われるとみられ
エロス増強に繋がるのではとの指摘もあり、関係者は危機感を強めている。

またコレに先立って行われた記者会見で「メガネで暗黒なサークル」と
名指しで指摘した事に対し当局は「不適切であり大変逝姦である」との声明を発表。
純白のチェリーボーイで有る事を強調し、近隣諸サークルとの緊張が高まっている。

■魔界少女マオ2 触手学園編!
コミックマーケットではマオ2もリリースされる事が確定的と見られている。
一時はプレスのスケジュールが心配されていたが、完成を会談に間に合わせた事で
交渉カードを揃えて無事テーブルに付く事に成るようだ。

・参考
> firstpain
> http://firstpain.sakura.ne.jp/

■また軍事機密漏洩!
つい先日情報漏えいが発覚し、情報管理体制の甘さを指摘されていた
リアルタイム萌え研究所だが再びの失態と成った。
事件が発覚したのは皮肉にもfirstpain軍広報noteの紙上で開発中の新兵器の
存在が露見した事が切欠と成った。

さらに不味い事に、流出したのは通常兵器ではなくロリコン兵器の疑いが有るとの事。
仮にこれが事実であれば、先日世界平和の為にロリコン撲滅条約を締結し
エロルギー支援を取り付けたばかりのeモーションは苦しい弁明を迫られそうだ。

■研究所は完全否定「内容は事実ではない!」
一連の報道に対し研究所所長が会見を行い、不祥事に関する謝罪を行った。
また度重なる流出騒動の原因は、研究所内のスパイ潜入では無いかとの指摘に対して、
「研究所内の何者かが研究情報をインターネット上のブログで公開している疑いが有る」
としながらも「内容は事実ではなく誇張や意図的な歪曲が含まれている」とし
「当研究所の信用を失墜させる為に仕組まれた工作活動である」と断言。
所内で行われている研究活動はすべて人道的かつ合法のもので有る事を強調した。

下手するとアナルファックや素股になるかもね
身長が変るとモーションを合せた時に、男女の位置関係が変ってしまうので
手や局部などの接触部分の位置が合わなくなってしまうと懸念していたのですが、
思ったよりは見れるレベルなんじゃないかと
PIC-2008_7_31-2_0_16.jpg
PIC-2008_7_31-2_0_46.jpg
PIC-2008_7_31-2_1_44.jpg
確かに少しズレますが、
10メートル離れて見れば気に成らないと言っても過言ではないのかもしれない
ロリコンスライダー・問題点
割と変形自体は出来たので、
見栄えの問題を無視すれば(!)いけるかと思ったのですが・・・

体型が変るとモーションの適応に問題が起こってしまいます。
これは予測の範囲で、有る程度は体型が異なるモデル間でも
モーションの利用は考えていたのですが、
プログラム側で「ロリコンスライダー」でボーン構成を弄ると、
これがポーズエディタ関係の機能とバッティングしてしまって
他にも、モーション関係や、ゲーム関係のインタラクティブ的要素と
相性が悪く、機能的に干渉してしまう部分が沢山有る事が判明しました。

特にポーズエディタ関係は、モーションボーンとモデルボーンの
フォーマット仕様の違いや、計算誤差緩和の為に
内部処理が無駄に複雑化して高速化の為に色々犠牲にした
色々詰め込んで開けられない押入れのふすま状態なので
見せられない、見たくないです。

見栄えも、もう少しポリゴン数が少なければマシになる筈なのですが、
無駄に増やした関節部の変形が露骨に崩れるのも作者としては不満点です。

一瞬イケるか!?と思っただけに、意外と影響範囲が広くてチョットショックです。
まだまだ道のりは長そうです。
ロリコンスライダー・続
PIC-2008_7_28-s3.jpg
悲愴感?
余分三兄弟?
2メートル下がって心の目で見るような感じで
ユーザー認証
最終的に作品に採用できる見通しが怪しい機能に関しては
成るべくブログなどでも公開しない様にしているのですが、
もしかしたら以前チラっと書いた事が有ったかもしれませんが、
痴漢鉄にはネットワーク関係の機能が予定されてました。

今の様に、モデルデーターやモーションやシナリオを、
制作したファイルを個別に掲示板などでやり取りしたり、
サイトからダウンロードして導入するのは手間が掛かるので、
もっと手軽に作ったものを公開したり、閲覧出来る機能として
ゲーム内の通信機能で、作ったデーターの共有化を考えていたのです。

しかしこの通信機能に、なんの制限も無いままでは
荒らしとか、不快なグロ画像とか、業者の宣伝とか、違法なやり取りとか
特にシナリオスクリプト機能は悪質なコマンドを実行されると困りますし
チェックして管理するシステムが必要に成ると考えたのです。

一度公開した後で対処出来ない事態に成ると取り返しが付きませんし、
データー交換関係はプログラムの作者が逮捕される時代ですから。
ユーザー認証で行われる内部的な処理は、プロテクト機能と同じなので、
そのまま行けると思ったのですが。

この辺りは、リスクを警戒して慎重に成りすぎたのと、
改造関係がどの程度盛り上がるのか未知数であったのと、
余り好意的な意見を頂けなかった事などを総合的に考えて
断念して、今の所再開の目処も無いのですが・・・
色々と考えていた妄想もあるので
もしチャンスがあれば再挑戦したい気持ちもあります。
試してみたい事のメモ
> mqdl (メタセコイア用ボーンプラグイン)
> http://f27.aaa.livedoor.jp/~mqdl/
もしこれでFBX 経由でメタセコのボーンとウェイト設定を
LightWaveへ持っていけるのなら
ウェイト設定とか凄い楽に成りそうな気がする

「○○なら楽に出来そうだ!!」
的な発想で手を出して苦い経験を幾ら積んでも学習出来ない
人は未来に希望が無ければ生きていけない存在だからだ
多分
ロリコンスライダー
PIC-2008_7_27-a.jpg
理屈はともかく、とりあえず使えるかどうか
作ってみてから考えてみよう!とか
考えるより行動が大事とか・・・
希望的観測で物事を始めるとロクな事に成らない

モニターから2メートル下がってピントをぼかしてご覧下さいな結果に
コレはチョットアップじゃ見せられない
いや、でも遠目に見れば結構行けそうな気もしてきた
なんか、こう、心の目で見るような感じで
悩み多き同人作家
firstpainさんは作品の表現方法で悩み中だし、
桃月堂さんは戦争の後遺症で悩んでいるし、
tillDAWNさんなんか作品製作で悩んだ結果40日戦争に突入してしまいました。

もし万が一が起こってインタビューを受ける事態になれば
「以前から悩んでいる様だった」とコメントするつもりです。

まぁ最近は私も色々悩んでいるのです。
たまにLightWaveとか動画編集とかすると、
露骨にマシンパワーの貧弱さを思い知るのです。
リアルタイム作品はユーザー環境のPCスペックが重要で有るので
開発者のマシンの性能が上がっても制作面では余り恩恵が無いばかりか
余裕で動くので大丈夫だとおもってたら、実際はユーザー環境で厳しかったりして
開発者マシンは多少厳しい位の方が良いのではと思う位です。

逆にプリレンダーの場合、確かにレンダリングにはグラフィックボードの
恩恵は薄いのですが、最近のソフトはプレビューや編集時にもかなりのパワーが
必要になるので成るべく高いスペックが欲しい所です。

低スペックで作品制作を続けるのは、1mの棒の先に付いたペンで
絵を描いている様なモノで、無駄に難易度を上げているだけなので
良い道具が有れば腕が上がると言う発想も安直ですが・・・
基本壊れる以外で買い替えをしない私としては、スペック向上の為に、
しかも現状でスペック的に大きな不満が無いだけに悩ましい所です。
しかしスペックが上がれば何か今までとは違う視点に立てるのではとの
青い鳥的期待もあります。

絶対死ぬと思っていたPCが、異音と異臭と怪振動を伴いながらも
なかなか死なないのでこのまま夏を越せれば来年まで、とか
そんな期待も無い訳ではないのですが。

もし万が一の時は、最近何か悩んでいたと言っといて下さい。
ロリコンスライダーの実装に関して
ロリコンスライダーの実装に関して。

オッパイカスタマイズの延長として、技術的に不可能では無いのですが
やはり機械的に自動でモデル形状を調節するとなると
変形に無理が出て形状的な完成度を損なってしまうと思います。

ラーメン屋に、客の好みでコショウやタレやマヨネーズを入れられる様に
テーブルに置いてくれてる店も有りますが、
店主に寄っては自分が良いと思った味で勝負したいと
あえて何も置かずにそのまま食べてくれ!みたいな。

卵やチャーシューなどの、結果の予想できるトッピングに拠るカスタムは
バリエーションや客の好みに応じて選択肢を増やす工夫として
有効性があるけど、
マヨネーズを入れると確実に不味くなると思っていたら、やはり置きたくは無い。

もしかしたらマヨラーの人にはソレが美味かもしれない。
それで満足してもらえれば、まだいい。
マヨネーズ沢山いれて、不味いと言われたら、
マヨネーズ入れたから不味いのか、マヨネーズ入れたのに不味いのか。
自分が不味いと思ってるものを不味いと言われたらやはり悔しい。
負けるとしても、自分が拘った味で、全力で勝負して負けたいし、
そうじゃないと納得が出来ない。

結局、好みの問題があるので、カスタム付けても万人向けにはならないし
幅広く対応させようとすると細かい部分が調節出来なくなって
表現が大味になってしまう。
ユーザーの選択肢を増やすと、開発者の選択肢は狭くなってしまう。
最終的に最大限の選択肢を与えるなら、モデリングソフトをポンと渡すのがベストだけど
それじゃ駄目な訳だし。
選択肢を増やすというのも抽象的な表現だけど、実際には選択肢を増やすのではなく
選択肢を減らして結果の幅を広げるバランス調整が重要だと思う。
拍手
時間帯に寄っては非常に表示が重くなるし
余り役に立ってないので外しちゃおうかな?とか考えてます。

元々ブログに拍手機能が付いた際に物珍しさで付けてみたものですし。
一度始めた物を途中で止めるのは気が重く、少し躊躇してしまいますが。

音楽再生画面
PIC-2008_7_13-20_22_11.jpg
ミュージックプレイヤーモードです。
まだ色々試作中ですが。

機能的には専用の音楽再生ソフトの方が遙かに高度ですから
態々このゲームに再生モードを付ける必要は無いと思っていたのですが。
ゲームプレイ中に任意の曲に切り換えたり、
曲を止めたり再生したりの操作も出来た方が良いかな、
と思って製作中です。
好きな曲でプレイするのも一種のカスタム要素?かもしれません。
AE風アニメ試験
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ボーンのウェイトで苦戦
PIC-2008_7_22-22_42_45.jpg
ボーンウェイト関係の機能を強化する事を検討中、っと書いたのですが、
実に以外に予想外で苦戦しています・・・見通しが甘いっ!
予定通りに進まない事が有る意味恒例と成りつつ有りますが(汗)

今回の目的は、追加カスタムモデルなどの制作で浮上してきた
衣類などの特殊なボーンを組んだ場合の変形問題を解決する事です。

ウェイト配分の機能追加だけで済むと思っていたら、
ボーン変形のロジックまで機能改修しないと対応出来ないみたいな感じに成っていて
軽い風邪のつもりで薬を貰いに行ったのに
今すぐオペだ!山下君、ありったけのメスをもってこい!!ってなもんですよ!

従来は、人体の変形を重視した仕様に成っていまして、
裸の人間が稼動した場合に、関節部がいかにも3Dっぽく潰れたり折れたりせずに
自然な動作が実現出来るよう、独自処理を行っています。

関節の親子関係や、回転の処理で、
肘や膝を上手く曲げたり、胸を揺らせたりするのに都合の良い処理に成っていて、
しかしソレ故に衣類アイテムなどでコレまで組んだ事の無いボーン構成を作ると
意外と癖の強い変形が目だってしまいます。

アンカーボックスを使用する現在の仕様の見直し
ボーンの距離でウェイト配分する新仕様の追加
左右接続部のLRボーンのウェイト配分機能
ボーンの新変形パターンの追加
・・・これらを従来の仕様と競合しない形で追加して行かなくてはならず
理屈の上では簡単ながらも、実際に手を加えるのは久々なので
思い出したり昔のメモを探したりして大苦戦です。

とりあえずスカートヒラヒラが目標です。
ボーン操作画面
ボーン関係のコントロール機能が強化される予定です。

コレに関しては本来の趣旨から外れるというか
下手に機能だけを増やしても不完全で不安定さを増すばかりになる恐れも有るので
特に意味不明で複雑なボーン設定関係は、
自由度よりオートマチックを重視したいのです。PIC-2008_7_17-2_11_56.jpg

パッケージ版発売時期の検討
私は、個人的には
店頭で販売するパッケージ版はネットワーク環境を持たないユーザー層ではないか?
っと考えており、パッケージ版のリリースは修正ファイルや追加モデルが
有る程度ひと段落付いた段階で検討する方が良いと考えています。
(今回遅れたのは色々ダメダメな他の事情が有るのですが・・・汗)

しかし報告などを聞く限りでは、
ネット通販を利用してパッケージ版を買ったという方も多くいらっしゃる様で、
データーのみよりCDなどの現物が有った方が良いと考える人も
多いのではないかと思います。

この辺の認識を踏まえて、今後はリリース間隔を成るべく短く出来る様に
して行くつもりです。
掲示板のスパム投稿
無くなりませんよねぇ・・・
一時はロボットが無作為に連爆していると考えていたのですが、
(無論、機械的に投稿してるケースも有るでしょうが)
人件費の安い国に発注して人間が手作業でやる場合も有るらしいです。

キーワード対策したり、スクリプトを弄っても、
ものの数分で解析・対策して投稿してくる様は
ゲーム的な楽しささえ感じる事が有り
無機質な機械を解しつつも、その向うには血の通った人間が居るのだと
感じて心が温かくなったりするか~い!

ジャンル別に・・・、
例えば画像投稿用とかカスタム用とか雑談用とか
掲示板を別ければもっと盛り上がるかな?とか考えたけど
今現在で無駄に分割して管理の手間を増やしている現実を省みると
ため息しか出な~い。
ブロとも限定記事テスト
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

DLsite.com7月壁紙
20080718_4.jpg
今月は水着姿のエルちゃんです。
2007年8月の壁紙のディルの水着とペアデザインでしょうか?
新着画面の右上に登場してから壁紙の配布を心待ちにしていた人も多い筈です。(?)

エルといえば貧乳ロリ系のキャラで、
かのDL人気アンケートではディルやサラなどの巨乳勢力を押しのけて
1位にのさばりやがった憎き強敵で・・・とても人気のキャラです。
控えめなお子様体型だと油断していたら何だ!?この戦闘力は~

■DLsite.com
http://maniax.dlsite.com/

■DLsite.comマスコットキャラページ
http://maniax.dlsite.com/character
ワイヤーフレーム表示
有ると作業上便利だと思っていても、
その機能を作成する作業を加味すると
トータルで作業量を軽減できるか微妙な事が多く
思いついてもなかなか実現しない機能の一つ
ワイヤーフレーム表示機能です。
PIC-2008_6_29-3.jpg

これまではポリゴンに色を付けたり、
チェック用のテクスチャーを使ったりして形状確認してましたが、
これで少しは作業が省力化出来ると期待したいのですが。
PIC-2008_4_1-23_43_49_Ver2.jpg
でも「有ると作業上便利」だと思っているモノは
大抵、有っても大して使わず結果は大差ない事が多い気が・・・
淫獣の生贄 (紹介)
RJ041204_img_main.jpg

サークルSexy3Dさんの新作が本日発売と成りましたので紹介します。
当サークルと同じくリアルタイム3Dの作品です。

このジャンルで作品を作ってるサークルは少ないので
同ジャンル同士だと必然的に気になる存在です。
他のサークルさんはどんなアプローチで作品を作ってるのか?とか
リアルタイム3Dを活かした工夫や、技術を盗も・・・参考にしようと
目が離せません!!
作者としてはライバルが増えるのは怖い面も有りますが、
もっとこのジャンルの作品が増えて盛り上がってくれればと思います。

■淫獣の生贄 (Dlsite.com)
http://maniax.dlsite.com/dlaf/=/link/work/aid/groe2/id/RJ041204.html
ウェイト
ボーンのウェイト解析は、
腕や脚の様に「---」直列に連なっている場合での
関節可動の見た目を重視した解析を想定していたので
例えば、スカートに「|||」平行にボーンを組んでヒラヒラさせる場合には
横のボーンとのウェイト値が滑らかに繋がり難い欠点があります。

そこで、今後はウェイト解析の処理方式を、もっと細かく設定出来る様にして
より詳細なモデリングにも対応出来るようにしようと検討しています。

ウェイト値は専用のファイルに保存されるので、このファイルを出力しておけば
新機能のウェイト解析処理を搭載していない旧バージョンでも
動かす事が出来る利点も有ります。

IsPlayingは遅延
IsPlayingは遅延が有ったのか
連打した時だけおかしくなるのはコレか・・・(汗)
新・カスタム画面
PIC-2008_7_15-22_57_28.jpg

まだ試作中ですが、
カスタムの際に、現在装備中のアイコンを表示して
視覚的に認識し易いように修正中です。

アイコン情報まで読み込むと、カスタムのメニューが更に遅く成ってしまうのですが、
そこら辺は視覚効果などを駆使して、体感速度面での劣化が無いように工夫しています。

従来は、キャラクターのプレビューがあれば、
今どの服を着ているかは一目瞭然ジャン!・・・っと思っていたのですが、
アイテムが増えて、どの追加スロットにどのアイテムが装備中なのか
全然判らなくなって操作がややこしくなったので
思い切ってリニューアルする事にしました。

とはいえ、何時までも機能改修や強化ばかりやっていても次回作は完成しないので
今は新作様の開発に作業を戻しています。
その関係でこの機能を搭載したバージョンの公開は
まだ先に成りそうな感じです。
追加シナリオとポーズエディタ
私は、「ポーズエディタ」にはビューアー的な事は考えていなくて、
これは追加シナリオの方で見せる事を考えていました。

ポーズエディタの方は単に作るもので、見せる際には、
マップや台詞のメッセージを追加したり、
決められた順番で表示したり、メニューからモーションを選択したり、
的な事を色々やるなら、スクリプトで記述した方が効率が良いと考えたからです。

ポーズエディタの方には余り保存ファイル数も用意してなかったのも、
一度保存してから重複しない任意のファイル名に変えてmdlフォルダに移して
シナリオ用のスクリプトで読み込む様な事を想定していました。

「作って・見せて」をオールインワンで行える、例えばRPGツクールの様に
ツール画面上で全ての作業と機能を実現する事は今の所考えていません。

期待した以上にポーズエディタに関しては好評を頂けたので
今後も面白い機能を追加して行く予定ですが、
本格的な制作ツールとしてではなく、ゲーム本編やカスタムとの連動や
だれでも簡単に動かせる事を重視したいと考えています。
引き算と足し算の方法論
不要部分の引き算は避けたい所です。

けして軽視している訳ではないのですが、
ユーザーさんの要望を全て叶える事は出来ません。
特に「○○は不要!」と言う意見を採用して行くと、
最後には何も残らなくなると思うので・・・

コレは実に難しい問題なのですが、
ウチの作品は実用ソフトではないので、
娯楽目的のゲームで機能の必要性を実証するのは中々難しい所です。

不要だという意見を黙殺する意図ではなくて、
需要の多い少ないを把握する上でも貴重な意見と考えているのですが、
より具体的な指摘が有ると尚理解がし易いのですが。
淫獣の生贄 (紹介)
サークルSexy3Dさんの新作が予告されていたので紹介します。
リアルタイム3Dの作品です。

RJ041204_ana_img_main.jpg


■淫獣の生贄 (DLsite.com)
http://maniax.dlsite.com/announce/=/product_id/RJ041204.html
LightWaveのファイルの扱いで
LightWaveで躓いたのがファイルの扱いで、
私は、テクスチャーの画像とアルファをpngで同時に扱ってるので
その辺が上手く処理出来なかったり、
ファイルを相対パスで管理し辛い事なども効率を悪くしました。

全ての作業をLightWaveのみで完遂するのであれば、
理に適った考え方かもしれませんが、
作業の一部を割り当てるにはファイル構成の移行に手間が掛かるので
結局利用頻度を下げる結果に。

アルファはpngで一枚に纏めとかないとファイル読み込みとか
フォーマット変換のオーバーヘッド増えるし
リアルタイム用のデーターで配布する事を考えたら
LightWaveフォルダからの相対パスとか絶対パスで記述するとか絶対避けたいのだけど
何か別の解決法あるのかなぁ・・・
可能性は有限資産
今試せる選択肢を全て試す事は
将来試せる選択肢の幾つかを放棄する事でも有る。
可能性は有限資産であり、
その振り分けこそが重要であるという考え方。


RPGをプレイする時に、ダンジョンの宝箱は全て回収する派で
分かれ道や曲がり角は全てチェックしてくまなく探さないと
何か大事な物を見落としていないか気に成って安心できないのです。

しかし人生のプレイ時間は有限なので、見込みの薄い可能性に時間を割く事は
結果的に後の選択肢を狭めてしまう結果と成り、トータルでの効率が悪くなると。
まぁ要するにXSIを諦める為の酸っぱいブドウ理論ですが・・・
XSIのFoundationが終了!?
XSIの一番安いグレードの販売が終了するみたいです。
既に生産は終了していて販売は在庫分のみとか。
残り僅かの限定商品的魅力にクラクラで
制限時間の迫る選択に判断が迷いそうです。

以前XSIを試用した際には、
比較の結果LightWaveを選択したのですが
もうこの価格で手に入れる最後のチャンスと思うと
一応キープしておいた方が良いのかと心が揺らぎます。
営業中です
今日から通常通り営業中です。
だからと言って別段に担当者が張り込んで即レスする訳でも有りませんが(笑)
そもそも同人サークルに営業日の概念が・・・いや、まぁ、とりあえずいつも通りに戻るので報告です。