カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
 流★用 
モデリング作業比率を上げるプランに、キャラモデルだけ新規に作成して
既存の汎用システムをセットにして販売する計画があります。

直接3Dソフトの形式でのモデルデーター販売や、
●●のビューアーで閲覧出来ます~というスタイルでは
ユーザー側の技術や理解が必要であったり、レンダリングが必要だったり
エロとして利用するのに問題が有ったりすると思います。

そこで汎用的に利用可能な幾つかの背景やモーションと、
表示するソフトをセットにして売ろうと言う訳です。
プログラムや背景やモーションは仕様を共有化して、
モデルのみの生産で作品をリリースできる体制を確立するのが狙いです。

すっかり忘れてましたがこの計画、
もしかしたら重複扱いになって登録できなくなる可能性も。

同じスクリプトシステムを使ったゲームとか
同じ素材を利用した作品が重複って事にはなりませんし。
大丈夫だとは思うのですが・・・

でも作品によっては一部素材を流用してゲームバリエーションを作ると
登録を拒否されると言う話しも聞いたことが有ります。
一方で、ブロードバンド版や音声版などのバリエーションは認められて居ますから
基準に付いては明確ではなく、作品を見て判断と言う事なのでしょうか。

この計画はユニットモジュール案の前に考えていた作戦で、
コンセプト的には今作にも引き継がれているのですが。
今更思い出して、重複の危険が有るんじゃとか気付いたり・・・
ポーザー(2)
ポーザーといえばキモ・・・ガイジン素体で日本人的には受け入れ難く
そもそも実写女体なんぞ興味ない我々にとってはゴミ同然・・・関心の薄い所で
ある訳ですが。

実際、今回の作品を製作するに当たってバッティングしそうなソフトとか
需要があるかとか、同じ様なコンセプトの物を色々調べてみた時には
ポーザーには然程興味が無かったのですが。

最近このポーザーに萌えキャラが供給されるとの事で注目しています。

main-ink_01.jpg


■40万部突破の「もえたん」がPoser用フィギュアに!
http://www.e-frontier.co.jp/company/press/introduction/index.html

■Poser フィギュア もえたん (製品情報)
http://content.e-frontier.co.jp/poser/moetan/

幸いな事にメガネでも無ければ巨乳でもないので一安心ですが、
スクール水着らしき装備も確認されてますから侮れません。
これでもしもう少しオッパイが大きくてメガネを装備していたら
一撃で当艦隊が壊滅していた可能性もある訳ですから、
今後は十分に情報収集を行って今後の戦局の変化には迅速に対応しなければ成りません。
もし巨乳キャラが戦線に投入された場合の対策として
来月度の防衛予算から購入資金として積み立てておく必要もあります。
PCのスペック不足も心配です。快適に遊べるように新PCも欲しい所ですね・・・
(←最早戦う気なし!!)
ポーザー
カスタム機能やポーズエディタ導入の際にも考えていた事ですが、
高度なカスタム機能や、モーションの管理などを求めるのであれば、
3D製作ソフトを導入するのが最善だと思っています。
個人製作のキャラクターエディタがこの方向で進歩していく必要性が無いのです。

データーのフォーマットの汎用性や、将来の発展性・拡張性
機能の豊富さや高度な処理などを求めれば、必然的に世間で普及している
3D製作ソフトを選択する事になりますし。

最初は簡単なモノを求めていても、便利な新機能がほしくなり
機能が増えて操作が複雑になり、性能や操作性に不満を感じる様に成り
これなら3Dソフトを使用した方が・・・と

仮に高度な3Dソフトが有っても、それだけでは取っ付き難い
簡単なソフトでは徐々に不満を感じて高度な機能が欲しくなる
熱心な人はステップアップして高度な機能を求めて3Dソフトへ移行してしまう

見も蓋も無い言い方をすれば、「自分でカスタムするのが好きで、
あまり熱心じゃなく、ステップアップしない層」をターゲットとして
この微妙な隙間のポジションの機能を提供する訳です。
意外とこの自分で3Dソフトで製作する程じゃないけど~の層の需要は
大きいんじゃないかと。万一需要が無くてもおまけ機能ですしー

必要な機能だけを抽出して、複雑じゃない程度に、お手軽に遊べる
このバランスが大事なんじゃないかと思ってます。

そこで市販ソフトで最もその位置に近いのがポーザーじゃないかと思っているのです。
完成までもう少し?
最近は少しペースが上がってきた感じで
実際の作業速度その物は変わらないのだろうけど。

毎度新しい機能やシステムを取り入れて、
要領が判って効率が上がってくるのは
開発作業の本当に終盤辺りで。
その仕様を引きついで2作目3作目を製作すれば
もう少しペースアップも図れるのだろうけど、
毎度毎度の「コレじゃ駄目だ症候群」が発病して
何か活気的な新機能が居るんだ!!との強迫観念に駆られてしまう。

特に今作のキャラモデル自体は昨年の初頭に製作したもので
モデリング作業から離れて久しいので、そろそろ何か作りたい病に。
元々はシステム部分の製作を流用し開発効率を高めて、
モデリング作業に比重を置く事が目的だった筈なのに。
去年のバスタイム以降、方針を散々迷ってしまったのが。
自業自得とは言え、作ったモノは無駄では無いと思える。
長かったけど後一息・・・の筈なんだけど。

水面まであと一息だと思って、思い切り空気を吐き出した所で
不意のトラブルで深海に引き擦り込まれるのも
これも毎度のパターンだからなぁ・・・
作業管理

 作業がスケジュールより遅れ始めた場合に如何するべきだろうか?
 もっと頑張る・気合を入れる・作業時間を増やす・・・等
 精神論だけで解決する例は多くはないだろう。
 問題点を明確にし、適切な対策を講じなければならないのだ。

シナリオパートに入ってからの製作作業の能率数値が上がらないのは
スクリプトの特性にあると推測される。

機能実験段階の試験データーの製作や、基本フォーマットの作業では
大きな問題点は見つかっていなくても、いざ本番用のデーターの組み上げ
を始めると、途端に能率が下がりだす事がある。

理由は幾つか考えられる。
1つには作業プロットが明確で無い点だ。
これは全体の作業量の把握が十分ではない為に、
予想より作業量が多かったり、予定に無い作業が追加されたりして
予定より進行が遅れ、作業能率が落ちていると錯覚する事にある。
実際には作業の速度そのものが落ちている訳ではないのだから、
幾ら頑張っても解決しない。

他の要因としては構想段階の作業計画が明確でなく、
進行に合わせて「考えながら」次の作業を進める為に
頻繁にリテイクが発生し、効率が低下する例だ。
これは作業開始前に完成イメージが明確で無いなど、
個人ユースの製作現場では比較的起こりえる現象である。
 (例えば、CGを書いてそれに合わせてシナリオを書いて、
  シナリオに合わせて追加のCGが増えて
  足りないCGに合わせてシナリオを変えて、
  途中で思いついたエピソードを・・・などが起こっていないだろうか)

今回問題にするのはコレ等とは別の理由、作業の可視性が低い場合に付いてである。
例えば本開発事例では、スクリプト作業はテキスト文章の編集で行われている。
完成イメージをプレビューできるGUI環境には程遠い。
コマンドや数値で入力された情報を実行環境で動作確認しつつ
完成イメージを確認しなければならない。

一旦作業を離れてしまうと、コマンドや数値を見ただけでは
それがどの様なシーンであるのか想像し難い。
コレではまるで鏡で悪戦苦闘しながら自分の後ろ髪をハサミで切り揃える様である。

現在作業中の部位のみの把握でも困難であるし、別のシーンや
一旦作業を中断して再開する場合などには更に困難に成る。
この全体像の把握が困難な要素は、前述する作業量の把握をより困難にし
リテイクの発生をも誘発し、負のスパイラルを発生さえ作業を停滞させるのだ。
レビュー
サークルの立場の者が、こんな事を言うのも気が引けるのですが
「ベタ褒めレビューしか載らない」とか
「参考に成らなかったボタンを押したら無効に成った」とか
じっくり見てるとただの噂ではないような気が・・・

言論統制みたいな悪い印象も有りますが、
自由奔放に任せて荒れ放題に成るのも印象は良くないですし。
何より旧レビューシステムとか、Amazonのレビューとか
過疎って生まれながらに死んでいるDMMレビューとか見ると
DLsiteのレビューを一概に悪いとも言えないんですよね。

システム開発費と多額のポイントの宣伝費をかけてますから
絶対に失敗出来ないと思いますし。
販売面での有益性と言う意味では成功してる事に成るのかなぁ
もっと本音がぶつかり合うカオスでグダグダで面白いなモノが
見たかった気もするけど・・・
DL数表示周り
DLsiteさんのDL数と評価の表示形式が変わったのかも?
何が変わったのか詳しく判らないけど
IEじゃないと表示されないのかな?

態々仕様を変えるという事は、何か重大な問題があったか
そうでなければ新しい機能を追加する準備ではないかと
色々勘繰って想像して妄想してムフムフしちゃいますが。
結局私の勘違い・妄想でしたーってオチになるのが目に見えてる気も。
 無★考 
PIC-2007_7_9-2_46_37.jpg

機能を考えたり作ったりしている時は
なんか作業してる実感見たいな物が有って楽しいけど

実際に作品を作る頃には力尽きて居ると言うか
広げた風呂敷を埋めたり畳んだりして纏めるのは
広げた分だけ大変な量が残ってて
とにかく暑いです
 冷★却 
PCの冷却効率を上げるのにUSB扇風機を付ける案はどうなんだろう?
あまり機械の事に詳しくないので
アレ買ってきて付ければ結構効率上がりそうな気がするけど
消費電力増えたり、長時間使ってると扇風機のモーターの熱で
結果的に効率が悪くなったりするのかな?

世界 の 法則
ゲーム的な動きではなくて物理演算のゲームが気持ちよいのは、
動きが嘘っぽくないからなのだと思ってます。
嘘っぽくないってのは、自分が予想・期待した通りの結果と成る事で、
思ったとおりにキャラクターを操れるっと言う部分に直結するのではないかと。

しかし物理的に演算をした動きでも、それが正しいと思えるかの基準と言うのは
人間の場合は計算ではなく、多くの場合は経験に基づいて判断されるので
グランツーリスモ車の挙動が(レース場などで実車を高速で走らせた経験が無い人には)
嘘っぽくリアリティーの無い、先が予想し難く思い通りに操れない
との印象しか抱かせなかったり。

マリオカート程度の動きが、大多数の一般人的には判りやすい
嘘っぽくない理解しやすい動きなのかも知れません。

勿論グランツーリスモは大人気のゲームで、リアルな挙動が受けているのですが。
ただリアルにすればよいと言う訳ではなく、ターゲットを明確に定めないと
思わぬ失敗をするかも知れない点には要注意なのです。

要するに物理的に正しい動きや変形と、エロとは異なる路線なのだと。
正しければ良い訳ではなくて、デタラメで許される訳でもなくて、
判りやすく納得出来る範囲でエロを醸し出して行かなければ成らないのです。
 偽★装 
今牛肉とか肉マンとか色々偽造問題が社会的現象に成りつつあるのか
世間の関心が高いキーワードなので。
売り物を作ってる立場としては品質管理とか生産体質とか気をつけなければ。

同人だとトレスとか枚数詐称とかかな?
ウチの場合はそこら辺は安心なので(CG担当も居ないし枚数ないし)
後気をつける所と言えば
「エロ作ってるつもりが何時の間にかギャグになってました~」のパターンとかか?
あと過剰宣伝とか内容が判り難いとかもか。
まぁそこら辺は完成してから悩めって事ですがーね
ゲーム部分
現在開発中の作品は、コンセプトからして二転三転し
既に「山盛りお子様ランチ状態」である事は今更説明する必要も無い事実です。

今回重視している部分の1つに、痴漢パートのゲーム部分が挙げられます。

これは、当サークルの作品群では比較的高い評価と反応を頂いた
「リアル痴漢タイム」を再考察し、リアルタイム3Dの作品である利点を
最大限に発揮すべく計画されたものです。

過去の作品のゲームでは、やや難しいとの意見が多く、
ゲーム部の敗北要素やゲージ上げ要素を廃して、
直接メニューを指定して体位や行動を選択出来る方式の作品へと
シフトしてきました。
今作ではその方針を改め、再度ゲーム部分を重視しています。

少々難しい、面倒くさい、との部分をあえて設け、
その上でのやり甲斐や達成感を得られるシステムを目指して設計しています。


ブログ
12時頃は非常に重い・・・
画面の切り替えに時間が掛かるので
沢山の処理を地道にやるのには非常にストレスに感じる
ここら辺は普通のHTMLでページを作った方がラクなのかも

更新を先まで予約していると、間に何か挟みたくなって
日付を後ろにシフトしたり、前後の辻褄が合わなくなって書き直したり
ブラウザで画面が変わるの待ちながらイライラしたりして
「俺なんでこんな思いしてブログに必死に成ってるんだろう」
とか思って今後は健全なブログ更新を心がけようと思い
結局ループしていく訳ですが・・・

元々が成分の90%以上が日々の愚痴とマイナスオーラで占められているので
閲覧者にお役立ち情報提供してる訳でもないし
一度躊躇うと更新ボタンが異様に重い重い
封印されしモノ
諸般の事情により一般には公開されていないが、
には幾つかの隠し機能がある。
起動時にキーを入力するとデバックモードで起動し
機能が使用可能となる。

今回問題となったのは、実用データーの分類に際に
不足するファイルが要求されて、調べた結果、
ボーンシンボルファイルである事が判明した。
ポーズエディタで使用するファイルであると考え
差し替えを行ったが、どうもファイルスタンプが古過ぎる。

プログラムを解析した結果、処理目的が不明なコードが記述されており
ボーンをGUI上で操作する為の機能の様である事が見て取れる。
ポーズエディタ実装時に感じたデジャブ感の原因がココにあるとすれば
同じ作業を二度繰り返している事になる。

だがこのモジュールは処理が行われない様に改変され、
本来の処理とも切り離されている。コメントには開発中止旨の記述と共に
開発者のものと思われるメモが残されていた。「無かった事にしよう」

必要な事を忘れるのは問題だが、
これは忘れるべくして記憶を封印した結果であるのだから
何も問題は無く全ては正常に進行中と言えるだろう。
ブログとビデオの予約だけは忘れてはならないってジッチャンが言ってた
大丈夫だ・・・
突然ブログの更新が途絶えて僕がキラだと疑われない為に
日記の更新は半月先まで予約してある

だが注意しなくてはならない
日記とブログは決して読み返しては成らない
過去は振り返らずに生きて行かなければならないからだ
読んだ者は必ず過去に捕らわれ歩みが止る
(中略)
書き溜めた記事だけは多いのに更新ボタンが押せない病に掛かって
(後略)
BBS統合計画
最近、クレームフォームを介して
の迷惑メールが増えて来ているので
コレを外そうかと考えています。

「作品やサークルに対して一言言ってやりたい!」
「でも掲示板やメールでは気が引ける・・・」

そんな場合でも気軽に意見を出せる機能として
普段言いにくいマイナス方面の意見や
些細な情報などを作品製作に活かせればと
出来るかと期待したのですが・・・

現実は甘くなく、複数の掲示板やブログコメントやメールなど
多数の連絡手段を設けても、それだけ迷惑メールや
宣伝業者の書き込みに対する対策コストが嵩む一方で
十分な成果を上げているとは言い難い現状です。

今の掲示板は個別にレスしたり過去記事が見難かったりしますので
将来的には掲示板やクレームフォーム、拍手、ブログのコメント等も含めて
画像掲示板一本に統合したいと考えています。
今の画像掲示板はiswebに間借りしているので何処か他のサーバーを
確保出来てからの話しですが。

まだ先の離しですが
突然無くなってしまうと、アレなので
現状で廃止を検討しているという事だけ
自動モード(3)
壊滅的に駄目な予感がする
過去の作品と比べても何かがおかしい
何が問題なのか判らないので数日放置していたのだが

未だ予想の段階だが、モーションの再生運動に問題があるのでは無かろうかと
今作ではかなり処理負荷が増えた事の影響で、
開発マシンでのFPSが相当に落ちている為この問題の認識が遅れ、
対策が後手に回った

「気持ちの良い動き」と言う物が有って
これはレースゲームの車の挙動や
アクションゲームの主人公の動きなど
見た目が些細な動きの違いであっても、
それを認識する人間の脳では大きな差として捉えられる事がある

経験から来る学習に起因するとも思われるが、
コレは例えば、日本人が日本人の人間の顔の些細な作りの違いで個人を判別したり
表情から感情を読み取る動作などの様に
本人が違いを直接的に意識し認識しなくても、
脳内では情報として読み取る事が出来るレイヤーであると考えられる

私はエロに必要な情報は、見た目の違いだけでは読み取り辛い
この潜在的な部分に働き掛ける微妙な違いから読み取られる情報が
重要であると考えている
特にキャラクターの動きを現すモーション情報には
データー上では認識し辛い、しかしエロに必要な情報が含まれていると

今作では、キャラクターの動きをマウス等の操作に応じてダイレクトに扱う
処理を試みているのではあるが
先日より感じていた疑問点・問題点は、この手動操作の際に
エロに必要な何らかの情報が欠落してしまい、見た目を損ねてしまっているのでは
無かろうかと仮定するに到った
無論操作する人間が卓越した技術でマウスをエロく動かせば問題は無いのだが
現状では手動操作の実装は、総合的に見て
エロを損なうリスクの方が大きいと考える
自動モード(2)
従来のAUTOモードだと
メッセージの自動送りなど
Hシーンやメニューの自動進行とか
モーションの自動可変ピッチとか
作品によって様々な機能が盛り込まれていて
統一性が無かったのも問題と言えば問題だけど

機能を多彩にしても、必ずしも操作性の向上には繋がらないのは
過去の教訓からも明らかなので
本当に必要な、優先順位の高い機能を抜粋して
選択的に実装しなきゃと思う

今回で言えば、Hシーンでクリックしたり
ドラッグしたりでピストン運動などをさせるシーンで
手放しで操作不要でモーションを鑑賞する為に
AUTOボタンには自動操縦システムをつけ様と考えている

ただし今回のシステムはその様には考えて設計していないので
思いの他影響範囲が広く、この変更を行った場合に
どの程度の不都合が発生するか定かではないので
実際にどの程度の期間を要するのか判らないのが
決断を渋らせる要因ではあるのだが
電脳コイル
メガネや電脳ペットの技術水準を見るに
もっと人型に近い感じの可愛い電脳ペットも実現出来ている筈
物語登場人物が子供とか、NHKとかそこら辺の事情で出せないだけで
あの世界の男の子は夜中に布団の中でメガネ掛けてせっせと(略)
あぁ、メガネを掛けたまま寝ちゃうと
アッチの世界に行くってのはそう言う意味の可能性も(ありません)

20070713005401.jpg

とりあえずボク サッチー ヨロシクネ♪
続・脳内メーカー
数種類試してみた感じではドレも似たような結果に成ったので
このパターンしか無いと思っていたのですが
もっと試したかったのですが私が試した時はアクセスが
集中していたのか非常に重かったので・・・

他の方々の結果を見るに色々な種類がある模様です

■神天さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/kamiten/

■firstpainさんの日記
http://firstpain.sakura.ne.jp/note06.html

結果があまりに面白・・・アレなのでなんと声を掛けて良いやら・・・(マテ)
これはやはりスクリプトなので適当に結果を作っていると考えるべきか
それともエロ同人製作者の脳内は皆この様な惨状・・・状態なのでしょうか

折角なので私も習ってアルファベットでチャレンジ
groe.gif


そして本名の結果がコレ
123456.png


・・・占いとか非科学的なモノに騙されてはいけません
本物の私の心はもっと真面目でピュアで清潔です
自動モード
PIC-2007_7_10-16_36_48.jpg

操作するのが不味いので
自動モードも検討するが
どうにも良くない様子

設計上の操作仕様の問題とか
技術的な問題とか、ゲーム性とか
エロの見栄えとか

結論は出ないけど
この問題は暫く保留として
もうすこし頭回ってる時に
後に再検討としたい
脳内メーカー
AKIさんの所で紹介されてるヤツをやってみた所

A5B0A5EDA5A6.gif


うむー

■脳内メーカー
http://maker.usoko.net/nounai/

シナリオモード制御
20070706224826.jpg


以前少しだけお伝えしたと思いますが、
ブログの更新記事が無駄増殖して情報が全く掘り起こせません・・・
まさにゴミ箱!(汗)

今作ではメッセージウィンドウのクリックで進む従来方式の表現を撤廃し、
ゲームモードとシネマモードが相互に続く設計です。
動画を見るシーンでは見るだけでクリック等の操作を必要としないのですが。
これはメッセージの文字に依存する表現を極力廃して、
アニメなどの表現でシーンを構成していく、考えるより
見る要素を重点的にしたいとの考えからです。
最近歳をとったせいか文字を読むのが辛いです。
考える漫画も苦手です。
(文字が多かったり、線がごちゃごちゃして絵を認識するのに脳を使うタイプとか)
しかし実際作っていくと素直にメッセージクリック方式にしておけばと
後悔しきりですが。

この方式を搭載した問題点として、クリック連打!等での
早送りが出来なくなりましたから
他の方式を設けなければと。
従来もメッセージ送りはありましたが、もう少し色々な制御が可能になります。
5色の戦士
仮に5人揃えるならば何色で有るべきか?

●赤:
主人公。(ヒロイン)優しいけどおっとり系でドジッ娘。
何をやっても駄目なタイプで役に立たない駄目人間。
他人の役に立つ事、人から必要とされる事に執着する所があり、
正義の味方として時に無謀な程に突っ走る事がある。
それを仲間が支えフォローして助け合う友情物語
・・・っと見せかけて陵辱が始まるよー
●緑:
スポーツ娘タイプ。主人公の親友で彼女の理解者であり何かと助けてくれる。
ショートカットのボーイッシュ娘で同姓からも人気がある。
胸は控えめの引き締まった身体をしている。
性格は勝気で粗暴だが、女の子らしい事に憧れている。
●青:
メガネを掛けた秀才タイプ。青の娘とそりが合わず何かと衝突する。
委員長で図書委員で保険委員だ。
何か良く解らない計算をして敵の弱点を見抜いたり、作戦を考えて他人を動かす。
自らは手を汚さず・・・いや、戦闘よりサポート系とは本人の弁。
●黄色:
ツンデレ娘で性格が悪く友達が居ない。
折角正義の味方メンバーになったので皆と仲良くしたいと思ってるが、
素直に成れないので仕方なく戦ってあげてる風を装う。
実は5人の中で一番戦闘能力が低くリストラに怯えている。
折角出来た友達(しかし片思い)と別れたくなくて、無理に頑張って戦ってる。
「あんたの為に戦ってるんじゃないんだからね!!」
●白:
謎の5人目。不思議系。無口でクールで何を考えてるか判らないタイプ。
設定さえもよく判らない。

●黒:
主人公!(プレイヤー)正義の味方のフリをしてあんな事やこんな事まで・・・
その心はドス黒いぞ!!

●紫:
敵。ライバル。
登場当初は圧倒的実力差で活躍するが、それも長くは続かず
徐々にメンバーが増える主人公'Sの物量の前に劣勢を強いられて行くぞ。
悪の手先の筈だが、主人公達とよく似たデザインの戦闘服を着ている辺りに
なんか伏線が有りそうな無いような感じのキャラだ!


5人以上いますが、そこら辺は気にしないで!
スタッフが足りない
作品作るたびに思うのですが
スタッフロール作りたいなーとか

プログラマー●●とかシナリオ■■とか、
スタッフロールに名前載せるのって結構憧れじゃないですか

でも全然名前が足りないんですよ
スタッフの名前が・・・
全部自分とか、小人さん・妖精さんのご協力を仰ぐとか
多重ハンドル影分身するとか、イマジンと契約するとか
色々手段を考えて居るのですが・・・
DL登録キャンペーン
7月はせんべいが貰えるらしいです。
飲めない酒や、見るたび欝に成るカレンダーや
ネタにしか成らないホテル宿泊券とかと比べれば
現実的な食料支給は非常に魅力的です。
本気で狙おうかと思いましたが、作品が完成しない事には・・・

「待てば次のキャンペーンが始まるに違いない!!」
ってのは、半ば冗談半分で書いていたのですが、
既に半年以上続いている事を考えるとDLsiteのキャンペーンは
このまま恒久化する可能性もあるのでしょうか?
アフィリエイトやレビューでのポイントキャンペーンなど
かなりの大盤振る舞いが続いている所を見ると
単なる話題作り以上の十分な効果が上がっているのかもしれません。

或いは末期のラ●ブドアみたいな粉飾じょうたいなのかと
不安になる程の景気の良さにメロメロです。