FC2ブログ
カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
透け処理
服が濡れて透けて見える描写は、
単に衣服が半透明に成るだけではなく、
肌に密着した部分が特に透けて見える。

これを3Dで表現するには、外側の衣服モデルと
体のモデルの距離に応じて透明度を可変する事で
実現出来るが、そのような処理は非常に負荷が高い為
現実的ではない。

20060730035913.jpg


代用案として、衣服モデルを半透明で製作し、
法線方向にマイナス係数で押し出したモデルを
重ねて表示する事で、肌に近い部分を意図的に表示
させる事が出来る。
押し出すモデルのサイズと透明度を、段階的に可変させれば
より細かい表現が可能になるが、
濡れて肌に密着した部分の表現と、処理速度を考え合わせると
一段階の処理で十分な効果が得られるだろう。

この方式は非常に有効だが、弱点として接触する
ポリゴンモデルの精度次第では思わしい透け具合と
成らない事がある。
ポリゴンがザクザク体に減り込んでいる様子が見て取れると
印象が良くないのだ。

現状では濡れた服が透ける描画を実現するには
透明度マップを準備したテクスチャを差し替えて
行うのが妥当かもしれない。
アクセス数
当サイトおよびブログのアクセス数は
開設当初から横這い状態である。
特にサイトのアクセス数は、作品が売れる様になれば
閲覧者が増加するのではないかと期待したが、
実際には然程の変化は無かった。

これは、作品の販売数は当サークル過去比で考えれば、
開設当初より増えているとはいえ、他の有力3Dサークル
と比較した場合は見劣りする為、未だ効果が十分では無いとの
見方も出来るが。

しかし、やはりサイトに魅力が無く、
サークルの宣伝及び、作品の売上への貢献の面で
十分な効果を発揮していないと考えるのが妥当ではなかろうか。

「定期的にイラストの更新がある」などの
閲覧者にとっての魅力があれば違ってくるのだろうが。
当サークルの方針としては、アクセス数に固着して
本来の作品製作作業の進行に支障をきたしては
本末転倒であるとの考えだ。

と成れば、そもそもの存在意義さえ疑って見る必要も
出て来る訳だが・・・
これに関しては度々考えるのだが、
結局毎度、現状維持との結論に達する。
決して多くは無いが、定期的にアクセスがある以上は
無意味では無いのだろう。
テンション落として命落とすな!
あの頃の俺はまだ若くて
右も左も解らない駆け出しの小僧だった
周りの事など考えず、いつも一人で突っ走って
テンション上げまくっていた
そんな俺に先生が教えてくれた言葉がある

テンション落として命落とすな!

・・・意味はよく判らないが
ノリとか勢いとかで結構誤魔化せる感じだ