FC2ブログ
カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
テクスチャのアルファ
半分は自己メモなのだが、
去年からズット悩んでいて今更ようやくテクスチャの使い方が見つかったのでメモ代わりに。
他にもっとスマートな方法が有りそうな気がするが・・・

20060723233003.jpg

01・テクスチャのアルファを適応した例
LWではテクスチャのアルファは無視される
Verは8.5。
PNG・TIFF・TGAなど、複数の画像形式と幾つかのフォーマット違いも試したが
全て処理されない。
設定が悪かったのか、何か他の方法が有るのだろうか?

20060723233018.jpg

02・リファレンス画像を用いて透明度にテクスチャのアルファを指定した例
色のテクスチャとアルファ用の画像を
別に使用すれば良い様に思えるが、
この方法では同様の結果は得られない。

例えば赤背景の上に、赤のグラデーションを加えると中間色部分で
白の疑色が発生している。
これは、元画像の赤50%の部分は、色は赤100%でアルファ50%であるが、
LWに読み込まれた時点で色は赤50%でアルファ50%になる為である。
この赤が何とブレンドされるかは白の場合が多く、
画像の透明色とは無関係の様である。

単色の画像をアルファで抜く場合や、
範囲がごく狭い場合には気が付きにくい。
しかし例の様に複数の色が混在し、
半透明の範囲が広い画像を使用すると差は顕著になる。


20060723233027.jpg

03・アルファ無効とアルファのみの2種類の画像を使用する例
複製でリファレンスを2つ作成する。

オリジナルは使用しない。
アルファは有効に設定してリファレンス側でアルファ設定を使えるようにする。

複製1は色の取得で使用する。
アルファは無効にしておく。
都合上、完全に透明色の部分の色は白になってしまうが、
ここは後にアルファで抜くのでこの場合は構わない。
ただし、周辺ピクセルと補完され偽色が発生するので、
出来るだけ高解像度のテスクチャを使用してミニマップなどは切っておく。

複製2は透明度の取得で使用する。
画像の設定はアルファのみにする。
材質の透明度に割り当てる。透明度は100%にする。
必要であればレイヤー反転を行う。