FC2ブログ
カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
サービスが裏目に出る例
サービスが裏目に出る例と言うのが往々にしてあって、
特に商売の世界では良かれと思ってやったことが
トータルでは逆の結果に繋がる事があるとして注意されているそうです。

この話題は以前にも何度か扱いましたが、
今回の例で言えば追加データーの公開などがそれに当たります。

発売前にキャンペーンを行うなら未だしも、発売後に・・・
しかも買ってくれたお客さんに対してサービスを提供する事は
貴重な優良顧客を振るい落とす愚策中の愚策なのですが。

ここら辺は理論や理屈で理解しても、
気持ち的には何となく納得し辛いと言うか。

勿論コレは理論の1つであって、
コトワザでも「二度ある事は三度ある」「三度目の正直」
の様に相反するかに見えるものがある様に、
ただ1つの方式のみで世界の全てが表される事は有り得ませんから。
完全に悪い効果なんだと断言できる訳ではありませんが、
だた闇雲に何でもやればいいんじゃないと言う事は
常に覚えて置かねば成らないと思います。