カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
UI
20060331220513.png


マウスが動く度に出たり消えたりするのが不評なようなので
アイコンを消す為のHIDEボタン付けた。
だが凄く危ない所にある気がする。
レイプレイ体験版(3)
レイプレイの新しい体験版が公開されています。
今回の第三弾はベンチマークの模様。

■イリュージョン
http://www.illusion.jp/
今後は暫くブログ不定期に成ります
今後は暫くブログ不定期に成ります。
時間があれば成るべく更新するつもりですので、
そこまで極端に更新出来ない事は無いと思いますが。

やる気が無くなったとか体調を崩したとかでは無いので
ご心配なく。念の為。
次回作の話(8)
次回作の構想に付いては様々なモノがありまして、
 キャラのカスタマイズ性を重視した物
 着せ替え機能に重点を置いたもの
 ストーリーに重点を置いた恋愛モノ
 痴漢・レイプ行為にスポットを当てたリアル痴漢タイムの後継作品
等など、様々なアイディアがあるのですが企画倒れ状態です。
実際に制作を始めてしまうと、時間的に他の作品を作る事が困難な事や、
作品を作るには先ずキャラクターのモデリングの問題を改善したい
と言う考えがある為です。

しかしこのままモデリングだけを続けていても、
どうにも方向性がしっかりとしない気もします。
一旦現状のキャラクターモデルを使って、
大作ではない、比較的短期間で制作可能な規模の作品を
制作しようと考えています。

形式としてはeモーション初期の作品のように、
キャラのモーションを見せるビューアー的なモノを検討しています。

コレにはもう1つの試みも含まれて居まして、
最近の私の考えとしては、単にモデリング技術を改善しても意味は無くて、
演出やキャラの見せ方の方が重要ではないかと思い始めています。
(つづく)
グーグルで作品名を検索すると
グーグルで作品名を検索すると右の所に
DLsiteさんの販売ページへのリンクが表示されます。
最近知りましたが、これって結構凄い事では?
次の作品のタイトルは、検索キーワードに
引っ掛かりそうなモノにすれば沢山売れるかも!?
視点操作
飛行機のゲームで操作を上下反転するのが良く有りますけど
操作方法のカスタマイズと言うのはとても大事だと思います。

因みに私は方向キー上を押した時にピッチアップする操作が好きです。

3Dゲームでの視点操作なのですが、
あまり自由に操作出来る様にすると、操作が複雑になって
難解になってしまいかねないリスクもあります。
他にも見えてはイケない所が見えてしまったり、
作者としては出来れば見せたくない角度などもあります。

アダルトゲームの視点操作の場合は、
自分を中心に回転する視点操作よりも、
ターゲット(女の子)を中心に画面が回転する方が自然だと思います。

自分の位置(カメラ)や回転
ターゲット・回転の中心位置の移動・回転、
移動する場合は視点からの相対方向とするのか、
座標に準拠するのか、高度のみ絶対座標とするのか等・・・
視点回転時の回転方向や速度まで考慮すると
考えられるパターンが多すぎるので
操作方法に付いてはある程度限定して、
幾つかのパターンから選ぶ方法が良いのではないかと思ってます。
パッケージ版(2)
実際にパッケージ版が販売されているらしいので一安心です。
ウチの規模だと知名度も低いし、生産数も微妙に少ないので
私の住んでる地方の小さなショップには回ってこないかも・・・

パッケージ版でCDの形で販売することに付いては、
事前に動作確認が取れない事やサポートなどへの不安も有ったのですが。
他のサークルさんはがんばって居るのだから、
そこは私の怠けたい理由にしちゃダメな所ですね。

コレまでダウンロード販売形式のみで、
同人関係のイベントなどにも無縁のサークルでしたから、
今回のパッケージ版販売を機会に、いままで知らなかった人にも
見て知ってもらえるチャンスが広がるかなと期待していたりします。
パッケージ版が発売
今日は人間が一度に何時間寝れるかにチャレンジした。
まだ頭が痛い。

パッケージ版が発売されたかもしれない。
・・・見た人居ますか?

レイプレイのHシーンシステムを参考にしようと思ったけど
コレは如何なのかな?評判いいのだろうか。
よく分からない。

モーションが幾つあるとか、この操作がトリガになっているとか
そんなことばかり考えてしまうのか、
仕組みが判ってしまうと面白いと感じられなくなるのか。
判った上で楽しめるシステムが有るのか、それとも別の何かか。

例えば新作のHシーンを手の込んだモノにするなら、
システム面の改修も同時に行った方が、チェックデバック等の
工数も纏められて都合が良いのだが。
モデリング重視なら作品はあくまで反応を見るためと解釈して
必要最小限の手間に抑えるベキじゃないかとか。

チンコが太いと穴も広げなければならない。
性行為を行う為のエロ人体と割り切って、ウチの女体は
かなり股関が大きめに作ってある。
これは、大き目のペニスを挿入する為であるし、
都合上大きいペニスに合わせて膣口や大陰唇を変形させるのにも
限界がある為だ。

膣内表現を男性器に合わせてサイズ設定すると、
腹の内部の大半は膣と子宮で占有されるのだが、
そこら辺はエロ漫画的なデフォルメ解釈で良いと思う。
パッケージ版発売間近
当サークル作品「リアル痴漢タイム」のパッケージ版が
3月25日発売(予定)です。
20060325014923.jpg

イリュージョンの体験版公開
先日、痴漢体験版が公開されたイリュージョンの新作「レイプレイ」
今度はHシーン体験版が公開されています。

■イリュージョン
http://www.illusion.jp/
こう言うの作ってる途中で
こう言うの作ってる途中で
凄い勢いでテンションが下がり始めた時って
どうするべきなんだろう・・・
潔くゴォトゥゴミ箱するのか
辛くても最後まで走り続けるべきか

ハネとかテッポウとかかっぱらって来た
水着のメタルなテカテカがエロチックと思いつつ
jpeg圧縮すると綺麗に出来なくてヤキモキ
髪とかのアルファ設定も上手く行ってない勉強不足

20060324004649.jpg


戦う美少女のコスチューム的な話として
欠かす事の出来ないかどうかは判らないけど
1つのジャンルとして武装少女的なモノがあると思っていて
人間がハリボテ着込むタイプから、人造人間的なのとか
半ロボ的なモノとか色々
MS少女とか戦闘機少女みたいなそう言うの

健気に戦う可憐な少女
戦闘兵器と美少女のミスマッチ
嫌いじゃない。寧ろ好き
だけど何故かと聞かれると上手く説明出来ないジャンル
多分好きな物を合体させたから?なのだろうか・・・

犯る時にアッチこちガツゴツ当たりそうだとか
そんな事は仮想現実では問題に成らない。多分
ニーソ!スク水!メガネ!
firstpainさんの所の新キャラちゃんが素晴らしい格好です。

>http://firstpain.sakura.ne.jp/note05.html (直リンで失礼)
ニーソ!スク水!
メガネ!メガネ!メガネッ!!

スカウターでは計測不能です。
戦闘能力テラタカスw

本編中には登場しないなんて勿体無い。
まさかこのネタの為だけに!?
私の為に!?愛のた(ry(殴ッ

何気なくスカートが凄く手が込んでいるような・・・

あぁ・・・現実には有り得ませんね。
エロイ事をする以外の目的で有り得ません(笑)

■firstpainさんのサイト
http://firstpain.sakura.ne.jp/
次回作の話(7)
この「次回作の話」シリーズは、一回で纏めて書くのには
あまりに長過ぎたので、数回に別けて書くつもりだったのですが。
正直時間が立ち過ぎた性か既に考えが変わりつつあると言うか、
状況や書くテーマが変わりつつある気もします。
あと数回で纏まりそうも無いのですが。


次回作の候補に挙がっているプランの1つとして
「リアル痴漢タイムの後継作品」が有ります。
人気作品の続編を出すというのは
映画でもゲームでも良くある話です。

しかし一方で前作を超える事が非常に難しいと思います。
キャラクターやシステムを大幅改変するのであれば、
作業量的にも全くの新作として作りたい所です。

人気作品と言っても、当サークルの作品の中ではという話で、
作品の固定ファン効果を狙える程のビックタイトルとは
言えない気もします。

痴漢と言うシチュレーションや、痴漢行為のゲーム性
などを抽出して、新しいゲームに活かす方向も考えていますが、
この話はまた次回に・・・
アンケート(5)
多くの人に投票して頂いてありがとう御座います。

前回のアンケートからかなり時間が経過してますが、
今回は前回とは比較に成らない程反応が在ったので
非常に参考になります。

キャラクター人気アンケート形式にしたり
投票項目を絞ってみたり
投票結果を視覚的にわかり易く表示したり
キャラクター画像を表示したり
色々調べて反応を頂ける様に小細工を頑張ってみました。

本当はもっと質問項目を増やしたかったのですが、
それはまたの機会にと思ってます。
アンケートは折角なので今後もこのまま残したいと思ってます。



それで肝心の結果の方なのですが・・・

前回のアンケートではとにかく投票数が少なかったですから、
今回のアンケートでは少しでも多くの方に気軽に投票して頂こうと考え、
特に規制関係は行っていません。
ログを見る限りでは一部のキャラクターは短時間で急速に票を伸ばした部分もあり
数字どおりの結果では有りませんが、概ね傾向は掴めたと思っています。

旧来のキャラクターを強くご支持頂いた一方で、
新キャラクターになるほど人気が薄い結果と成りました。
どれも思い入れのあるキャラクターですので、
作者としては優劣がつくのは心情的にも辛い部分も有るのですが。
モデリング改善を念頭に制作した新キャラクターが、
従来の造型よりも支持を得られなかった事実は
厳粛に受け止めねば成らないと思ってます。
新機能追加のリスク
開発能力を100とすると、それを何処まで機能面に割り振るべきかは
頭の痛い問題です。
前述のように機能を追加しても、その効果が十分に確認出来る物でなければ
結果には結びつき難い事も事実です。

新機能に囚われながら2年近く結果を出せなかった事を踏まえると、
今の段階でシステム面に手を加えるべきであるかは
非常に慎重に成らざるを得ません。

当面の課題をモデリング改善とし、
モデリングにより多くの時間を割り当てる為にプリレンダ形式での
制作スタイルを検討していた事を踏まえれば、
現時点でリアルタイム作品を出すことはあっても、
そのシステム面に開発リソースを割く事は妥当とは思えない為です。

無論、より良い物を作る姿勢は必要なのですが、
現時点で最優先すべきはモデリングであって、
他の事に時間を割くべきではないのではないかと。
全部出来れば最良なのですが・・・
滑らかな表示
レイプレイの体験版軽いですね。
VRAMが足りない為か、ウチの環境だとテクスチャが貼られずに真っ白に・・・
テクスチャの品質と解像度を落とせば表示されます。
通常で15、サブ画面付けると10前後なのですが
数値以上に滑らかな印象を受けます。

人間が千分の数秒単位の出来事を認識する事は困難に思えるのですが、
等間隔で連続する物が僅かでも異なると大きな違和感として認識されます。
キャラの表示の大きさや変形負荷のも常に一定ではなく、
システムタイマの制度等の事情も加わる為に、
各フレーム間の表示間隔は完全に均一ではなくなります。

この為、常にフルパワーで描画してFPSの最高値を出すよりも、
遅延時間を設けてタイミングを合わせた方が、
数字上は性能が落ちている様に見えても実際は滑らかに感じられるのです。

ただ、そこら辺は開発側の事情で、
FPSの値だけを見て速度が遅い!処理が悪い!と思われると
マイナス印象に成る事もありますから、
画面更新速度は表示しない方が妥当な選択なのかも知れません。
理想と現実とは
リアリタイム3Dを用いたHシステムに付いて。
様々な考えやアイディアがあると思います。
しかし実際に作るのは容易ではありません。

空を飛びたいと言う要求に対して、
ジャンボジェットに乗せれば「もっと自由自在に」飛びたいと
ヘリの免許を取る事を勧めれば「それは面倒だ」と
パラシュートを付けて突き落そうとすれば「怖いから嫌だ」と
じゃぁ何がどんなのが良いのかと聞けば
「タケコプターみたいなヤツでスーパーマンみたいに自在に飛べるヤツ」

ニュアンスとしては理解できるのですが、
実際にどの様にすれば実現できるのかは皆目検討が付かないみたいな。

エロエロなリアリタイム3Dに対して求められている事が
判らない訳ではないのですが、
こうすれば良いみたいな簡単な解決策は見出せないのです。

でも諦めたらそこで試合終了ですよ!!
レイプレイ体験版
リアルタイム3Dのアダルトゲームを数多く販売し、
常に業界をリードしてきたイリュージョンの新作「レイプレイ」
の体験版が公開されました。

作品の方はレイプで痴漢モノ。
キャラクターは3人で幅広い層に対応かも。
母親タイプに女子高生タイプ、
イリュージョンにしては珍しい幼い感じの貧乳キャラも居ます。

当サークルもリアルタイム3D作品を扱ってますので、
新作がどんな内容なのか注目しています。
おそらくココの閲覧者さんにも注目度の高い作品だと思いますので、
管理人もしっかりチェックして学びたいと思っています。

■イリュージョン
http://www.illusion.jp/
ジャンルを絞るべきか!?
最近は、八方美人な作品制作は良くないのではないかと思い始めています。
もっと自分に自信を持って、性癖とかシチュレーションとか
方向性を明確に定めてアピールしていくべきではないのかとか。

カスタマイズを否定する訳ではないのですが、
人の好みは十人十色で、巨乳や貧乳とか
ある程度は対応できる部分も在るけど、
やはり全体的に見れば限界はあるし労力も掛かる訳です。

もっとも、3Dというジャンルや、
リアルタイム処理での動作スペック的な縛りを考えると
既に相当絞って居る気もしないでも有りませんが・・・

管理人の個人的な嗜好では、
身長高め・オッパイ大きめ・髪長い・アニメ顔が好き。
和姦も嫌いじゃないけど、無理やりレイプモノ好き。
でも知らない男に犯られるパターンは嫌い。
顔射・フェラ・パイズリ・アナルには特に魅力を感じない。
痛いの嫌い。血出るの特にダメ。生理・処女出血も嫌い。
でも肢体切断とか残虐なのは好き。絞殺→弛緩失禁とか好き。

・・・ダメだ。
シチュレーションに付いては無難なモノを勉強してこよう。
次回作の話(6)
リアルタイム作品を制作する場合、
今までの過去作からユーザーに求められている要素を解析すると。

モデリングの改修を主目標にはしてきましたが、
他にも何か武器が無ければ戦えないのではないかと。
過去作からの分析では・・・
 ・男役の再検討/主観表現の見直し
 ・射精関係の表現
 ・膣内の挿入表現
 ・フェラ表現/頭部アップシーン専用のパーツを作る
 ・ソレっぽいメーターをイッパイつける
ここら辺がキーになるのか成らないのか・・・
胸・変形・美乳
胸の変形方式は大別して2パターンあって
変形後の胸の形を直接モデリングするか、
基本形状でモデリングして、プログラムで変形するかです。

変形後の胸の形でモデリングした場合、
理想的な乳形状を再現出来るのが利点です。
その反面、変形に弱く、特に背後位で下向きの場合や
正常位で上向きの場合でも同じ様な形に限定されてしまうなど
不自然な点もあります。

プログラムで変形する場合はこれらの欠点を克服し、
自在でダイナミックな変形が出来る代わりに、
計算で変形させている為どうしても
自然な美乳の形を再現する事が難しくなります。
特に静止画像で見た場合は特に酷くなってしまいます。

どちらも一長一短なのですが、
基本的にはソレっぽく見えるまで何度も微調整を繰り返す事に成ります。
自由に乳カスタム出来れば良いのですが、
現状では「数字を弄るだけで自由に調節出来る幅」は非常に狭いのです。

・「釣鐘型を目指して調整に失敗した例」
PIC-2006_3_15-0_22_20.jpg


ポリゴン数と速度の話
「リアル痴漢タイム」ではメインキャラのポリゴン数の増加による
速度の低下を補う意味で、相手の男キャラを表示しないと言う手段をとりました。

コレに対して「ラブセックスライフ」では男性の表示に着せ替えシステムを
「お兄ちゃんといっしょ」では更にポリゴン数を増やしています。
当然処理速度的にはかなり厳しくなっていますが、
「リアル痴漢タイム」の販売傾向を見るに、
多少速度を犠牲にしてでも見栄えを重視すべきとの判断です。

しかし一方で、エロ動画にとって滑らかに動くと言うのは
非常に重要な要素でもあります。
動作水準の引き上げは購入対象者を確実に狭めてしまいます。

どの辺りでバランスを取るかは非常に難しいのですが、
やはり女性キャラのポリゴン数を増やしたいと言う気持ちと、
出来るだけ動作負荷を下げたいと言う気持ちの結果として
男性キャラのポリゴンはケチれるだけケチりたいと言う結論に成ってしまいます。

男性キャラのカクカク具合は改善点として挙げられては居るのですが、
コレは女性キャラのポリゴン数か、動作速度の低下か、
どちらかを犠牲にしなければ成らない部分なので悩ましい所です。

理想を言えば、男性キャラも複数用意して選択出来れば良いのですが、
そこに労力を割く余裕が在れば、もっと女性キャラのバリエーションや
Hシーンの増加など、他にやるべき事がある様にも思います。

コレに付いては必要かどうか、もう暫く考えたいと思ってます。
エロに男キャラは必要か?
ただ単に男キャラと絡ませて、普通のエッチシーンにしてるだけでは
エロのアピールが足りないのではないかと不安になってます。

そもそも、同じような体位ばかりに成ってしまって
代わり映えがしないのではとも思います。
(製作者が陥りがちな罠なのですが)
どうも既視感というか、正常位や背後位など、
毎度同じなので見慣れてしまっているのかもしれません。

今回は差分データーという形で、
キャラクターモデリングを色々試してみたつもりですが、
結局モデリングを変えても実際にアプリケーション上で見てみると
全体の印象は然程変わらないのでは無いかと感じました。

やはり、単に男キャラと抱き合うだけでは、
エロの主張としては弱いのかもしれません。

一番評判の良かった作品は「リアル痴漢タイム」なのですが、
この作品には男キャラさえ登場せずに、局部のみのオブジェクトとなってます。
これはメインキャラのポリゴン数の増加による速度の低下を補う意味で、
相手の男キャラを表示しないと言う苦肉の策なのですが。
コレだけで男性キャラが不要と判断するのも早計ですが。

どのような形の男性役を用意するか、未だに良いアイディアが浮かびません。
次回作の話(5)
差分モデルを使用してリアルタイム作品を制作する場合、
どのようなタイプの作品にするかに付いても幾つかの構想があります。

着せ替え機能を重視した作品を作ってはどうかと言う案があって、
これは下着や水着を着せて着せ替え人形ごっこが出来ればと思ってます。

他にはボディーや髪型などのカスタム性を持たせる案で、
現在配布中の差分データー12の延長線上の感じです。

両方を共存させるのは、複数のボディーに対応可能な服データーを
用意するのは現実的ではありませんので、
ココは取捨択一に成ると思います。

Hシーンのシステムに付いては、
リアル痴漢タイムのパラメーターを用いたゲーム的な要素を持たせるべきか、
ラブセックスライフの様な体位(モーション)を直接選択するか、
お兄ちゃんと一緒のように台詞と共に進行するタイプか。
それとも何か新規のアイディアを考えるのか、
まだまだ試行錯誤の段階です。
メガネの支持率(2)
メガネが正義と信じて病まぬ管理人ですが、
最近は少々不安です。
まぁ不安だから稀にメガネ無しの作品を作ったり、
前作などは紹介画像もメガネレスをメインにしたり
そんな自分の心に嘘をつく様な生き方をしてますが。

メガネOFF機能が在るんだからソレで万事解決じゃんかー
とも思うわけですが。
メガネ掛けた状態でキャラのバランス調整すると、
外した時に何か足りない感が拭えないような・・・
キャラに対しても似合うメガネとそうでないメガネがあって、
やはり目の形や髪型やらに、メガネを含めて総合的に
イメージに統一性が無いといけないというか。
う~ん・・・これはモデリングが上達すれば
解決できる問題なのかな。
埋め(BlogPet)
人生の半分はボケる為にある。
残りの半分は、他の誰かがボケた時に突っ込む為にある。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「毒ウサギ」が書きました。

次回作の話(4)
前回はLightWaveの作品化の話をしましたが、
他にも色々とアイディアはあります。
先に白状しますと、次回作の話シリーズはあと6回続く予定です。

現行のシステムを流用し、差分データーの
キャラクターを使用したリアルタイム作品も考えてます。

当サークルのHP上でアンケートなどキャラモデリング
に対しての意見を伺っていますが、
実際にDLsiteで販売した場合のウケが如何なのかも気に成る部分です。
サイト上で集めた意見は、当サークルの作品に対して
寛容的に偏っているのではないかと考える面も有ります。
広く一般の方に受け入れられるかに付いては、
一番手っ取り早いのは、作品形式に纏めて販売してみる事ではないかと。
長期間作品リリースが無くて風化してしまうのも寂しいですし、
多少なりとも売れれば実益面でも正直美味しいですし。
ただ中途半端に仕上げて失敗してしまった時の事を考えると、
もう暫くモデリングの試行錯誤を続けた方が良いのかな。
とも思います。
次回作の話(3)
案・LightWaveの移行を急ぎ作品として制作

一番完成に近い位置に居るのがこの計画です。
予てより進めて来たLightWaveへの移行による
作品制作を行う訳です。

HTMLと動画ファイルを組み合わせて、
ストーリーと動画を見せる形式を検討しています。
フラッシュファイルのループ動画も考えたのですが、
LightWaveで直接動画を出力出来る事と、
動画形式によってはループ再生させても綺麗に繋がる事が判ったので、
それで行こうと思ってます。

LightWaveへの移行に関しては様々な誤解を与えてしまいましたが、
モデリング技術の向上や、表現手段の幅を広げる事や、
今後高解像度の画像が必要に成る場合に備えての準備など…
様々な要素を考えると、出来るだけ早い段階で導入しておきたかったのです。
リアルタイムでの作品制作を続けながら、平行作業でLightWaveも、
と言う事では結果的に時間が掛かってしまいますし、
当サークルの目下の課題としてモデリング改善が有りましたから、
リアルタイム作品を一旦お休みして
LightWaveを導入しながらあわよくばプリレンダの作品も作れればと
考えていた訳です。

正直LightWaveで作ったキャラクターは今一自信がないので
もう暫く試行錯誤を続けるか、作品制作にGOサインを出すのか
悩んでいます。

そんな訳で、現時点では次回作に付いては
様々な計画があってどれか一本には絞れない状態です。
作品制作で根を詰めるよりは
何が良いのか考えながらアレコレ気ままに試行錯誤した方が
良い物が作れてむしろ成長するかも・・・とか
気ままに考えているので
具体的に次の作品が何時出来るのかはまだ分かりません。


20060310012251.jpg


実写と3D動画
実写に勝る3D動画のメリットとは?
「アニメ顔・巨乳・内臓表現・射精表現」

リアルさにおいては比較しても不利でしょう。
そもそも画面の中の映像の女性なのですから、
実際に目の前に実物の女の子が居る場合に比べて
リアルさという面で及ばないのは実写も3D動画も
限界があります。
エロと言う要素をピックアップして強調出来るのが
非現実である創作映像のアドバンテージです。

私が考える3D動画の魅力とは、
1つはアニメ風のキャラクターによる滑らかな
アニメーションが可能だと言う事です。
実写を3次元と呼び忌み嫌い、2次元をこよなく愛する
作者の様な人間には非常の重要なファクターと言えるでしょう。

次に重要と言えるのが巨乳です。
”リアルな乳揺れ”等と言う表現はありますが、
現実の女性の胸ではエロゲの様なサイズには滅多にお目にかかれません。
しかし3Dでも胸に関しては嘘っぽさは否めない面もあり、
現実以上にリアルな揺れは今後も追及されていく事と思います。

実写で最も困難なものは内臓表現でしょう。
筆者もソレが何時頃から世間に広まったのか、詳しくは知りませんが
漫画的な男性器が膣内や子宮に到達する様を独特の断面で描いた構図は、
実写での再現は命がけのトライアルである事は疑う余地はありません。

スシに並ぶ日本が生んだ文化と言われるブッカケに関しても
3Dに分がある事と言えるでしょう。
非現実故の大量放出は想像しただけで気持ち良さそうです。
しかしコレに関しては、かの有名なエビオス射精動画の
男性の様に現実世界でもドバドバ出せれば…羨ましいですね。
液体表現に関しても3Dでは鬼門と言われる部分です。

何かとリアルさが話題と成る3Dですが、実写以上の魅力を見せるには、
リアルな部分と非リアルな部分の組み合わせが重要なのです。
ボディとの比較の為にと
作り直してみて、コレくらい大きなオッパイも良いかなー
などと思うようになってきたり・・・
徐々に洗脳されつつあります。

胸形状の違うボディとの比較の為にと思って
着せ替え機能を流用して・・・
そうだった。パンツは射精処理用のレイヤーで使ってるんだった。
じゃぁ残りは2枚しか。メガネで1枚使うと・・・
髪とか目とか変えるにはちゃんとやり直さないとダメだな。
体・頭・眼鏡か。
あぁ、なんとかソレっぽく纏まった・・かな?
でも体と顔の肌の色が合わないとか、
体変えると頭部のサイズが不自然に感じたり。
頭と体を別に差し替えるには色々問題があるみたいな。
PIC-2006_3_8-6_33_21.jpg