カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

アクセス解析です

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
2005年が終ってしまいます
今日という日と共に2005年は終る。
我々は遂に年内の発売を実現出来なかった。
だがコレは敗北を意味するのか?

否ッ!!
終るりではない。始まりなのだ。
我々の本当の戦いが今まさに始まったのだ。
        (eモーション代表演説より)


年内には完成する筈だった新兵器(笑)ですが、
開発が遅れて実戦投入は来年になってしまいました。

12月は3D大手さんの作品が出るとかで警戒していたのですが、
そうこうしている間にコミケ勢力が進行の気配アリとか何とか。
爆撃の最中に浮上するのは自殺行為。
潜望鏡深度でもう暫く待機していたい所ですが・・・
でもそんな事言ってたら何時までたっても登録出来ないので、
そろそろ覚悟を決めなければですね。

2005の部分も2006に直さなきゃ不味いかなー?とか思いつつ
制作年は05だって事でこのまま行こうと思ってます。
リアルタイム3Dサークル「そこに鼻ゲー」紹介
一時期活動を停止していたサークル「そこに鼻ゲー」さんが
活動を再開された様です。
勢力が縮小傾向にあるリアルタイム3D勢力として
今後の活動に期待が掛かります。
しかしウチのサークルはプリレンダに移行中ですが(笑)

■サークル・そこに鼻ゲー改
http://members3.jcom.home.ne.jp/yst/
■巨乳娘とお仕置きパパ(作品ページ)
http://maniax.dlsite.com/work/=/product_id/RJ021205.html
世間はクリスマス!(BlogPet)

今日も見た毒ウサギ
クリスマスにグロウは一人で家に居た
敬具


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「毒ウサギ」が書きました。


ブログペット導入
最近ブログが放置気味なので、ブログペットを導入しました。
チョット気分を変える意味でも役に立つカナと。

実は以前もブログペットを飼った事があるのですが、
意味不明なデンパを撒き散らした挙句に
即死させちゃったので、今度は頑張りたいと思います。
新兵器情報
当サークルが一方的にライバル視している
桃月堂さんのブログで最近XSIの研究が盛んである事は
既に諸君も聞き及んでいる事と思う。
今回極秘に行った潜入調査の結果、驚くべき事実が判明した。
敵が新たに導入したXSIによる新兵器の大量生産が間近であるらしい。
多くの犠牲を伴ったが、我々はその兵器の
設計図を入手する事に成功した!!

20051222212946.jpg
※当サークルの技術研究部による敵新兵器完成予想図

恐るべし!!(えー
サークル名の変更を検討
サークル名の変更を検討しています。
今までリアルタイム3D作品を制作してきましたが、
今後はプリレンダーの作品をリリースしたいと思っている為です。

「TeaTime Side-A・Side-B」見たいな感じで
(或いは「日産レッド・ブルーステージ」みたいに・・・)
ワンマンサークルなのにブランド別けってのもカッコ悪いのですが(笑)

今までのeモーションと全然違う名前にするのも嫌だし、
それで居て作品の性質が直感的に想像しやすい名前が
いいなーなんて考えてますが。
それよりもキチンと制作環境を移行できて、
作品を作れるようになるかが怪しいですが・・・
ヴァルハラの剣士
RJ020920_img_main.jpg

桃月堂さんの新作「ヴァルハラの剣士」が本日発売です。

ヒロピン&触手の最前線で戦ってる桃月堂さんの最新作ですから、
作品のクオリティー間違いないでしょう。
今回はDLsiteのニーズに合わせてエロを重視したとの事です。
今後は開発体制をXSIへ移行するそうで、もしかしたら
最後のアニマス作品となるかもしれない貴重な一品でもあります。

DLsiteリニューアル後の初作品ですね。
紹介画像のサイズが変わったり、発売日が事前にわかる等
勝手が変わった箇所が多々在るようです。
やはり最大の関心事は評価システムでしょうか。
ユーザーからの意見や要望の橋渡しとして機能を期待してます。

■ヴァルハラの剣士
http://maniax.dlsite.com/work/=/product_id/RJ020920.html


■人形の桃月堂(V-GIRLS!)
http://www115.sakura.ne.jp/~togetsudo/

透明人間
PIC-2005_12_8-15_25_17.jpg

従来の作品でも、男性が邪魔な場合は非表示に出来ましたが、
今回はソレに加えて半透明表示も選択可能です。

実は、eモーション初期の作品の幾つかは半透明表示があったのですが、
半透明にした場合、モザイクの処理などで不都合が起こる為、
一時期は使用していませんでした。
今回は半透明表示を行った場合でも、
バッチリ修正処理が出来る様に改善されています。
評価システム(2)
評価の詳細は、サークル側しか閲覧できない仕様ですが、
どの様に見えているかだけでも紹介したいと思います。

作品一覧から作品を選んで評価を参照できます。
一覧表示ではどの作品にどれだけ評価が付いてるかや、
評価の平均点や、新着の評価の有無などは何も判りません。

作品別の表示でも、一度にページに表示される評価の数は10個で、
後はページを切り替えて行かなければ表示されません。
そしてお世辞にもページ切り替えは軽快ではありません(笑)

表示は新着順スライド式で、マークのみの表示の為に、
何処までが新着評価で、前回何処まで確認したかは最後尾ページを見て
自分で逆算するしか無い為、差分チェックにも不向きです。

つまり一度にチェックするのは大変だし、
新しい分だけチェックするのも大変なのです。
最初は目新しいので何度も覗いてしまうのですが、
これはだんだん見なくなっちゃう可能性が高いかも・・・

 (コメントシステムへの不満ではなくて、むしろ)
 (コメントを頂いて見落とした時の為の予防線ですが・・・汗)


それと、最近気が付いたのですが、
DMMさんに作品レビュー機能が搭載されてます。
コチラは書き込んだコメントが他の方にも閲覧可能なようです。

メールで色々アドバイスをして頂いた、草原シャンプーさんが
早速コメントを付けてくれている様です。ありがとう御座います。

要望や意見が貰えるかとドキドキしたり、
批判やお叱りが有るかとヒヤヒヤしたりします。
でも掲示板やメールに比べて、劇的に違う何かを期待しても
案外何も無かったりしそうな気がして少し寂しいです。

作品の評価システム
速攻で1が沢山入って凹みましたが(笑)

コレは暫く様子を見て見ないとわかりませんね。
リニューアル当初、異常に重い事態が続いたのは、
サークルにとっては非常に残念な事情が有ったようですし。

全作に1を入れて下さる方もいらっしゃる様で。
もっと頑張れと励まされているものなのだと
肝に銘じて、今後の制作の励みとさせて頂きたいと考えています。

普通は最高・最低と言う評価は滅多に出てこないと思うのですが。
自分の意見を強く反映させたいと思うものなのか、
1か5が際立っていると思います。

まだ始まったばかりのシステムですから、
これからどうなって行くか、要注目です。
■移行期間
作品製作も完成間近と思ってからが、結構長いのは毎度の事なのですが(笑)
今は作品の動作確認をしたり、マニュアルの制作をする日々です。
丁度DLsiteさんがリニューアル中なので、
それが終ってから紹介画像の制作に取り掛かりたいと思っています。

予てよりの検案事項ですが、制作ソフト以降の為
今回の作品でリアルタイム作品製作は一旦中断となります。

某メーカーのゲームやめます宣言じゃないです(多分

移行と合わせて平行開発をしようかとも検討したのですが
一旦作品製作に掛かってしまうと、かなり時間的に厳しい為
どちらかに絞った方が良いと判断しました。

LightWaveへの移行は、リアルタイムを辞めてプリレンダにする
と言う訳ではなくて技術力の向上を図って、
より優れた作品を作れる様にとの思惑があります。
以前から問題視してきたのですが、私自身のモデリング能力不足が
今の所最大のネックではないかと。
他サークルの作者さんの作品と比較しても見劣りしますし、
リアルタイムしか経験の無いのは色々不味いだろうと思うのです。
メーカー性のリアルタイム作品のモデリングを担当されている方も、
プリレンダーで制作を行ってる方ばかりですし。
プリレンダーの環境で制作する事で、
技術蓄積や意識改革が出来ればと思っています。

常に最前線で技術開発を続ける方がカッコイイのですけど・・・;
今でもリアルタイムでキャラを動かす為の仕組みは幾つかありますし、
リアルタイム3Dの専門知識やプログラムが出来ない人でも
簡単にリアルタイム3Dが制作出来る土壌は出来つつあると思います。
そうなった場合に、リアルタイム3D制作のアドバンテージは
完全になくなる訳で、その時サークルとしての魅力が残らないのでは
非常に不味いという危機感もあります。