FC2ブログ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

-------- -------- --------

■カテゴリ[黒歴史]
 黒歴史の記事一覧

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
好きな事をするか、良い作品を作るか
己の才能を悲観する時、自分を信じて突き進めと
しかし、私は、自分が一人で何でも出来る万能の才能を持っているとは
自分の考えたゲームも作りたい、モデリングも上手くなりたい
このまま一人で全てを続けるのか
それとも、裏方に徹して才能の有る人間に託すのか
どちらが良い作品を作れるか・・・

あの時の決断が間違いではなかったと信じて突き進むしかないのです
合作の欠点
先日は合作の利点について述べましたが、しかし合作には欠点もあります

ひとつは先に述べた作業効率面の悪化ですが、
それ以外にも、ある意味で致命的な問題点があります

合作に参加するメンバーは大抵、みんなゲームを作りたいと思っています

ゲーム製作は孤独との戦いです
かなり私見が混じりますが、作業の成果が比較的早く確認できる絵や文書と異なり
ゲームの場合は製作物として結果を見る事が出来るのは数ヶ月先と言う事もあります
その長い時間を耐えて黙々とルーチン作業を続けられるのは
「自分の考えたゲームを形に出来る」と言うご褒美があるからこそなのです

誰だって演劇の主役をやりたいし、悪役はやりたくない
村人1、木、草役はさらに人気が無く、舞台にさえ上がれない照明、大小道具はだれも
やりたがらないのです

みんなで作業を分担しようと話し合ったとき
楽しい部分は全部とられて、
自分の所には一番きつくて面白くない部分が回ってきたら嫌なのです
合作の利点
合作、分業の最大のメリットは、成長速度だと考えています

実は、この辺りはマルチコア対応のプログラムと事情が似ているのですが
作業を複数の人間で別けると、効率は低下するのです
作品制作の効率の面から言えば、2人か3人の分業体制は
もっとも危険でロスの大きい製作技法です

しかし分業には、この製作速度の欠点を補える程の、無視できないメリットもあります
それが、個人が単一作業に集中する事による技術の集約
上達のし易さであり、成長速度の向上です

1人の人間が全ての作業パートを担当すれば、当然、その分練習時間は分割され
それぞれの技術の上達は鈍化します

個人が一つの業種に集中する事により、その分野においての
エキスパートを目指す方が、成長が早く、作品の質が上がる期待が出来るのです
作品を作ると上達が遅くなる可能性
ゲーム製作の全体工程において、モデリング作業は1割未満なのです

3Dモデル製作だけを続けた場合と、ゲーム製作で様々な作業を続けた場合とでは、
実際にモデリング製作を行なっている時間に圧倒的な差が生じます

余程才能の有る人間ならば別なのでしょうが
一般的には、沢山練習した場合と、少ししか練習しない場合とでは
沢山練習した方が上達しそうな気がします

つまり、ゲーム製作を続けていると
モデリングは中々上達しないという事です

二兎追う者はなんとやらですね・・・
モデリング強化計画
ゲーム製作を行なっていると
・新作を作ってるとモデリング練習が進まない
・モデリング練習をしていると新作が進まない
このジレンマに陥ります

当サークルが数年前に行なっていたモデリング強化計画
(今となっては黒歴史ですが)
これは新作開発進行の為のプロジェクトではなく
新作を一旦先延ばしにしてモデリングの品質を上げる作戦と言えます

なので計画を進めれば、新作完成は余計に遠のくのですが・・・