FC2ブログ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Eモーション

作品紹介

チェンジジョーカー
爆乳エルフちゃん飼育生活
ラブヴィーナス
マーメイドビーチ
午前0時のスナイパーズ
ダークネス・ヒーローズ
3DOL
湯煙混浴露天風呂の罠
痴漢鉄
いけないバスタイム
お兄ちゃんといっしょ♪
ラブセックスライフ
リアル痴漢タイム

月別アーカイブ

RSSフィード

実験中

-------- -------- --------

■ブログ内全記事

 全ての記事を表示する

-------- -------- --------

■カテゴリ[仕様メモ]
 仕様メモの記事一覧

新・リアルタイム3D【萌え】研究所
■ジャンル : 同人 / デジタルフィギュア / リアルタイム3D / エロ
ムネ
オッパイカスタムと体型カスタムは排他処理になる

従来のオッパイサイズの変更機能は、
新しい体型カスタムに統合されるが
従来のオッパイカスタムも互換性の為に機能は存続する
任意にどちらか一方を選択して使用可能になる

従来のオッパイカスタムを使用するには
体型カスタムの設定で「無効」を選択する必要があり
デフォルトでは無効となっている

体型カスタムは全てのモデルに対して有効で、
その設定範囲も従来のオッパイカスタムより多岐に渡るが
反面、処理速度に関しては若干の劣化は否めない
この機能を使用しない場合は「無効」とする事で
スコアの上昇を期待できる

また、胸のみをカスタムする場合は、
従来のオッパイカスタムを使用した方が負荷が少ない
描画順序の設定
PIC-2008_6_22-7_20_45.jpg

新描画システムでは描画順序の設定項目も追加されます。
これにより、半透明アイテムの描画が改善する筈です。

半透明パーツの有るキャミソールやスリップなどの下着を着用して
結合部がスケスケで見えるなどのシーンで威力を発揮する予定です。

これは、アイテムの組み合わせによって発生する問題なので、
追加アイテム側の設定だけでは限界が有ります。
そこで、カスタムの際に手作業で問題部分を調節するという方式になりました。
カスタム時には多少手間が掛かりますが、アイテムを制作する時に
他のアイテムとの半透明の組み合わせを意識せずに住む事の方が重要と考えました。

この辺は単に表示の順番を変えるだけだから簡単じゃないかと
最初は思っていたのですが・・・修正関係の問題と関係したり、
新しくなった修正システムや、アンチエイリアスや被写界深度などの
新たに機能追加された拡張表示周りのオプションとの関連が厳しく
組み合わせも多いので、意外な苦戦を強いられた部分です。

Zバッファをダブルで持つ訳には行かないし、アルファチェックは重すぎるし
強制的に上書きしてしまうと折角苦心して作った新しいモザイクシステムが台無しに
なってしまうので、この辺の処理は企業秘密の技術が使用されています。
見えない部分にも手が抜けません!って言うか見えちゃ不味いのですが・・・
モーフィングのデーターをUVで
ブログは日々の愚痴とか電波をチマチマ発進する為の物で、
やっぱり、多くの情報を整理して閲覧するには向いてない気がする。

出来ない事は無いけど、大変だ。挫折。
やっぱり普通にテキストに書いて添付した方が作りやすいし見やすい。



・表情の制御
表情の制御にはボーンで動かしたりモーフィングを利用したり
色々な方法が有るのですが、今回は新機能のモーフィングに関してです。
モーフィングは表情意外にも色々使い道が有ります。

ここで問題に成るのは、モーフィングデーターを如何に制作するか、と
そのデーターをどうやって受け渡すかです。
モーフィングを扱えるソフトや、その情報を他のソフトに
移植出来る方法が有れば良いのですが、あまり良い手段が思いつかず
多少回りくどい方法に成ります。

モーフィングのデーターを準備するには、
 A・元と成る表示用ポリゴン形状
 B・元と成るポリゴン形状と同一の形状
 C・BとUV値が同一の変形後の形状
の3つが最低必要に成ります。

Aは従来のボーン変形でも使用している表示用のモデルです。
モーフィングのデーターを作るには、その動作負荷が大きなネックと成りますので
表示用モデル(A)全体を変形させる事は効率的では有りません。
そこで、Aのモデルから、変形させたい部分のみを抽出したBを制作します。

変形は頂点単位で行われますので、変形させたいポリゴン面ではなく、
変形させたい頂点を含む面を残します。
残った面には新しく同一の材質を設定して、UVを割り振っておきます。
このモデルはBとして保存します
AとBの座標を比較する事で、どの頂点が変形の対象であるかを認識します。

肝心なモーフィングの変形情報は、Bを元にして変形させたCとして保存します。
どの頂点が何処へ移動したか?の判断を、UV座標が同一である事で認識します。

頂点の番号で対応を保持すると、編集中に頂点の配列が変わってしまったり、
元のモデルを編集した際に一致が取れなくなってしまい、その度にモーフィングデーター
を再作成する事に成るので、その手間を考えれば、この方法は割と悪くないと思います。
■仕様メモ
このジャンルでは痴漢鉄と試作版の仕様に関しての情報を
暫定的ながらまとめて行きたいと思います。

仕様メモ
http://emo3d.blog26.fc2.com/blog-category-25.html




無闇矢鱈と駄文の多いこのブログは
必要な情報を見つけるのが非常に難しいので
せめて、カテゴリーの記事一覧を表示出来ないかと調べてみました。
画面左下のプラグインに追加しましたが、
結局カテゴリー画面で開いている記事のタイトルしか出てこないので
然程便利には成らなかったみたい・・・
■メモ
[PR]属性
・p_st_rinkaku_LineSize=0.001
輪郭の太さ(標準0.001)

・p_st_rinkaku_LineSizeType=1
輪郭の処理方式
0:固定値
1:指定値で処理(Default)
2:画面からの距離を考慮して一定に保つ
ただしこの処理は完全ではない。
画面比率に対してではなく、距離で処理される為
カメラのパース変更や並行投影によって意図しない画面に成る場合が有る。
また遠距離時にはキャラクターモデルが線で潰れる問題も残る。

起動時に一度のみ指定できる。
実行中の変更には対応しない。